【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■古今亭志ん生(五代目) 昭和43年(1968)7月3日 78歳の映像

      2014/02/01

Sponsored Link

この映像は、昭和43(1968)年7月3日に東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放映された「人に歴史あり」と云う番組です。
当時はまだカラー放送が一般的ではなかった時代で、白黒放送と混在している時代でした。この番組で志ん生は終始無言であり、不機嫌そうに椅子に座ったまんまです。
既に78歳になっていて自力では歩けない状態になり、高座も降りていました。
志ん生が笑ったのは、11歳年下の金語楼(1901~1972)が登場した時です。二歳年下の文楽(1892~1971)もライバルと云われながらも、志ん生の大親友でした。
この映像を見る限り、金語楼さんや文楽は元気で、志ん生の方が先に逝きそうですが・・・志ん生はこの放送から五年生き続け、文楽や金語楼よりも長生きしました。
ちなみにこの放送での志ん朝は30歳で馬生は40歳です。
一門弟子の最初に古今亭志ん五(1949~2010)が登場しますが、この時にはまだ19歳で古今亭高助と云う前座名を名乗ってました。
[出典:http://blogs.yahoo.co.jp/yacup/63145370.html]

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)うなぎ屋(鰻屋)
古今亭志ん生(五代目) 和歌三神(わかさんじん)

俳諧の師匠が、雪が降ったので権助を連れて、向島へ雪見に行く。 酒持参でどこかで飲 …

古今亭志ん生(五代目)祇園祭(祇園会)

『祇園会』(ぎおんえ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、天保年間に出版された笑話 …

古今亭志ん生(五代目) 粟田口(あわだぐち)

刀屋の番頭・重三郎は、主人に止められていたのに酒に酔ってしまい、金森家の家宝であ …

古今亭志ん生(五代目) 雪とん

あらすじ 絹問屋の娘お糸に岡惚れした大尽兵左衛門が女中を買収し、とんとんと叩くの …

古今亭志ん生(五代目) 羽衣の松

あらすじ 人というものは大変なもので、本当の美人は『顔の真ん中に鼻がある』と申し …

古今亭志ん生(五代目) 庚申待(こうしんまち)~宿屋の仇討

宿屋仇(やどやがたき)は上方落語の演目の一つ。「日本橋宿屋仇」とも言う。 東京で …

古今亭志ん生(五代目)百年目

『百年目』(ひゃくねんめ)は、落語の演目。 元々は上方落語の演目で、のちに東京に …

古今亭志ん生(五代目) 居残り佐平次
古今亭志ん生(五代目)弥次郎(うそつき弥次郎)

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …