【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝 宿屋の富(高津の富)

      2014/10/16

Sponsored Link

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづのとみ)』と呼ぶ。
上方発祥の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。
そのナンセンスさ故か演者は多く、ざっと挙げるだけでも東京の4代目柳家小さんや5代目古今亭志ん生、上方の6代目笑福亭松鶴や5代目桂文枝など堂々たる大看板が手がけている。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 粗忽の使者

粗忽の使者(そこつのししゃ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、元禄14年(170 …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 柳田格之進

彦根の城主井伊氏のご家来で柳田格之進という文武両道に優れ品性正しく潔癖な浪人がい …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 お若伊之助(根岸お行の松 因果塚の由来)

日本橋石町に「栄屋」さんと言う大きな生薬屋さんがあった。 そこの一人娘の”お若” …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 御慶(ぎょけい)

富に凝っている八五郎が年の瀬に梯子の上に鶴が止まっている夢を見たので、鶴一八四五 …

古今亭志ん朝sintyo
■古今亭志ん朝 引越しの夢(口入屋)

口入屋(くちいれや)は、上方落語の演目の一つ。東京でも「引越の夢」という題で演じ …

古今亭志ん朝sintyo
■古今亭志ん朝 お見立て*

お見立て(おみたて)は古典落語の演目の一つ。 原話は、文化5年(1808年)に出 …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 化け物使い

あらすじ 本所に独居する、元・御家人の吉田の隠居は人使いが荒いので有名。 桂庵( …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 お茶汲み

吉原の安大国(やすだいこく)という店に初会で上がった男を見た田毎(たごと)という …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 三枚起請
古今亭志ん朝sintyo
■古今亭志ん朝 もう半分

「もう半分」(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話。別名「五勺酒」。 主な …