【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 天災*

      2014/02/08

Sponsored Link


天災(てんさい)は、古典落語の演目の一つ。
上方・江戸双方で口演されており、基本的な筋書きは同じである。
江戸では6代目春風亭柳橋が得意とした。
上方では、2代目桂ざこばが自らのキャラクターを生かして演じている。

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 慶安太平記~吉田の焼き討ち
立川談志 西鶴一代記

談志師匠の「ひとり会CD」に入っていた噺で、これも「地噺」ですね。 要するに、ス …

立川談志 お菊の皿(皿屋敷)

あらすじ 長屋に住んでる粗忽者たち。 どこからか幽霊の出る屋敷があると聞きつけ、 …

立川談志 つるつる

談志師匠の『つるつる』 一八は、芸者のお梅という女性に、3年も4年も惚れ続けてい …

立川談志 現代落語論
■立川談志 人情八百屋

日本橋茅場町の八百屋の平助は、10日ほど前、霊岸島の裏長屋で、おかみさんが出てき …

立川談志/ずっこけ

あらすじ 飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。 店の …

立川談志 大山詣り

あらすじ 昔は江戸から富士山や大山にお詣りに行ったもので、信心からというよりも遊 …

立川談志 黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

■立川談志 粗忽長屋

⇒★聴き比べ