【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 武助馬(ぶすけうま)

      2014/01/22

Sponsored Link

武助が元の主人のところに久しぶりに帰ってきた。あれからどうしたと聞くと、八百屋をやっても手があれてダメ。魚屋も貸し本屋もやったがものにならない。それなら好きなことをやろうと、上方にいって役者になって、猪の役や牛の役をもらったという。

その後、上方から江戸に出て、今はその新しい親方の下でやっており、この度新富座に出ることになったから見に来てくれという。演目は何かと聞くと「一ノ谷嫩軍記」だというので、役は何かと聞くと、組討の際の馬の後ろ足だという。主人はがっかりするが、祝儀がわりに行ってやるという。

元の主人は言ったとおり、席を買占め、店の者や出入りの者も連れてやってくる。親方も席が売れて喜び、武助も本番前の練習に余念がない。

そうこうしているうちに出番が近づくが、前足をやる熊衛門がいない。探してやっと見つけると、一杯飲んでいる。しっかりしろと、馬をかぶって準備すると、熊衛門はおならをする始末。後ろ足のところの武助のところに匂いがきてたまらない。

出番が来て、舞台に馬が登場する。主人に連れてこられた客は、褒めなきゃならないと、「馬の後ろ足!」と変な掛け声をかける。武助は声をかけられて調子に乗り、馬の後ろ足を熱演する。前足は酔っ払い、後ろ足は張り切った武助という馬に乗っている役者は、乗っているのが精一杯。張り切った武助は、後ろ足なのにひひ~んと鳴き、客は笑いの渦、一幕がめちゃくちゃになってしまう。

幕が下りた後、武助は親方の元に呼ばれる。乗りにくくなってすみませんと武助が謝るが、親方が怒っているのは鳴いたこと。後ろ足が鳴いたんじゃしょうがないだろうと、説教する親方に、武助が「でも、熊衛門は前足なのに、おならをした」というサゲ。

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 実演解釈 笑い茸
立川談志 大工調べ
立川談志/疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

立川談志/品川心中(上・下)

品川心中(上) 品川の白木屋という見世でずっと板頭(いたがしら=筆頭女郎)を張っ …

立川談志/六尺棒

六尺棒(ろくしゃくぼう)は、古典落語の演目の一つ。 原話は不明だが、文化4年口演 …

立川談志/がまの油(蝦蟇の油)
立川談志/ずっこけ

あらすじ 飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。 店の …

■立川談志/黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

立川談志 初音の鼓

あらすじ 骨董好きの殿さまのところに、出入りの道具屋・金兵衛が怪しげな鼓を売り込 …

■立川談志/幽女買い

  あらすじ 急に暗いような明るいような変なところに来てしまった太助、 …