【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■立川志らく 大工調べ

      2014/02/01

Sponsored Link

立川 志らく(たてかわ しらく、本名・新間 一弘、男性、1963年8月16日 – )は東京都世田谷区出身の落語家、映画評論家、映画監督。
落語立川流所属。出囃子は『鳩』『花嫁人形』。
日本映画監督協会にも所属。現在の妻は女優の酒井莉加。

▼来歴・人物▼
父親がギタリスト、母親が長唄という芸人の家庭で育ち、中学生の頃から落語と映画を好きになる。
落語については、小学校高学年の頃から父親が落語好きで家にあった落語の本とレコードで親しみ始めたという。
祖父は昭和の名灸師である深谷伊三郎。

東京・日大三高から日大藝術学部に進学するも、1985年10月、当時日大4回生の時、高田文夫の紹介で7代目立川談志に入門し、前座名立川志らくを名乗る。大学はその後中退。

「志らく」の名はフランスの政治家、ジャック・シラクにちなむとされる。
日大三高の同窓には、元F1ドライバー片山右京、読売ジャイアンツ2軍内野守備走塁コーチ 福王昭仁らがいる。

1988年3月に二つ目昇進し、1995年11月に真打昇進した。2001年彩の国落語大賞受賞。
1990年代には志らくと兄弟子朝寝坊のらくと立川談春で立川ボーイズを結成、深夜番組『ヨタロー』に出演するなど活躍。
その後真打ち昇進までは古典に打ち込み、真打昇進後はシネマ落語等の分野を開拓。

演目は両親の影響からかか、音楽を作曲しながら落語のイメージを固めていくことが多い。
師匠談志を除けば、立川流では一番の弟子の多さを誇る。現在の弟子は入門順に立川こしら、立川志らら、立川志ら乃、立川志奄(元、らく八)、立川らく朝(現役の医師)、立川らく次、立川志らべ、立川志獅丸(元、らく太)、立川らく里(元、快楽亭ブラ汁:師匠の2代目快楽亭ブラックが借金問題により立川流を除名になったため、志らく門下へ移籍、らくBと改名)とらく兵(志らくの妻・酒井莉加を泣かしたため、2013年内は前座に降格)、がじら、らく人、志ら松、志ら鈴、らくぼ。

卒業した弟子はらく坊(一番弟子)、らく丸(三番弟子)、らく吉(四番弟子)、こらく、の四人(志らく門下は一門イメージのため「廃業」とは呼ばない)。2011年11月には、こしらと志ら乃の真打昇進を決定した(談志の孫弟子では初めて)。

師匠の談志同様、著書で先輩落語家を名指しで批判することが多く、敵が多いといわれている。
1992年、志らくを筆頭とした落語家らで「”超”放送禁止落語界」と題した寄席を開催。皇室罵倒、差別語連発の演目を披露「9月にも開催予定だが、もし無くなったら何者かのクレームにより演者が危急に陥ったと云々」と笑いを取っていたが、会場に居合わせていた部落解放同盟関係者が演目を全て録音、同団体からの糾弾を受ける。

映画好きで知られ、1997年に『異常暮色』で映画監督デビュー。映画監督として日本映画監督協会にも所属している。
老舗の映画雑誌『キネマ旬報』では、「立川志らくのシネマ徒然草」の連載を持ち、同連載は1996年と1999年に「キネマ旬報ベストテン」の読者賞を受賞した。映画関連では他にも、映画専門チャンネルのスターチャンネルで2008年から映画解説者の一員となり、独演会では映画を落語にした「シネマ落語」などの活動を行っている。

2003年より劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家としても活動している。2008年6月には赤川次郎原作で、大林宣彦監督により映画になった『あした』を舞台化した 『あした~愛の名言集』を公演し、2009年現在まで10回の公演を数えている。
映画評論でも知られる快楽亭ブラックは、つまらない邦画のベストスリーに、志らく監督作品の『異常暮色』など3作品をランクインさせた。
映画監督の大林宣彦は、志らくの落語や舞台は好きだが、映画については「許せる」という表現をしている。

志らくは現在の日本映画界を嘆いており、小津安二郎や黒澤明が撮るような重厚な作品が日本映画界の中心にあるべきだと苦言を呈している。
一方で、黒澤明監督の作品を映画賞をもらってから観始めた北野武については、『菊次郎の夏』『Dolls』を傑作と認めている。

「ヨタロー」に一緒に出演していた立川談春とは、入門は後(年齢は談春が3歳下)だが真打昇進は先となった。
『爆笑問題のススメ』に志らくが出演した時に、談志が「才能だけなら噺家の中で一番。もちろん才能だけだよ。他はない。あくまでも「だけ」なんだ」とコメントしていた。

テレビ「落語のピン」では、「弟子の中でもっとも才能はある」と志らくを認めていた。実際、志らくが二つ目に昇進した時に、末廣亭の席亭などに挨拶に出掛けて、志らくを紹介するなど一貫して評価は高い。

JFN系ラジオ番組『名言3・6・5』に2009年3月末まで10年近く出演していた。現在は、文化放送の『くにまるジャパン』に、金曜日のコメンテーターとして月一で出演している。

中日ドラゴンズのファンで上記のくにまるジャパンでは中日ドラゴンズについて語る月がある。

▼シネマ落語▼
志らくが好きな映画を落語で語る。
つまり、有名な映画を、江戸時代を舞台に変えて落語にしてしまったもの。

「江戸半ちゃんショー」(トゥルーマン・ショーより)
「人情医者」(素晴らしき哉、人生!より)
「鰍沢の呪い」(シャイニングより)
「妾馬・下」(ダイ・ハードより)
「いかさま指南」(スティングより)
「たらちね後日談」(マイ・フェア・レディより)
「ろくろ首の情事」(危険な情事より)
「二番煎じ後日談」(アパートの鍵貸しますより)
「百兵衛」(ドライビング Miss デイジーより)
「田吾作」(デーヴ、影武者より)
「短冊の恋文」(ユー・ガット・メールより)
「吉原に死す」(ベニスに死すより)
「たまや」(天国から来たチャンピオンより)
「らくだの災難」(ハリーの災難より)
「あした舟」(あした、駅馬車より)
「幽霊 江戸の幻」(ゴースト/ニューヨークの幻より)
「蝦蟇の油の道」(道より)
「影清・女」(ライムライトより)
「落語ゴッドファーザー 紅羅坊名丸」(ゴッドファーザーより)
「目黒の秋刀魚の陰謀」(大統領の陰謀より)
「落語幕末太陽傳」(幕末太陽傳より)
「木乃伊取りの黙示録」(地獄の黙示録より)
「人力車」(タクシードライバーより)
「怪談・初天神」(オーメンより)
「吉原の休日」(ローマの休日より)

▼著書▼
『立川志らくのシネマ徒然草』 キネマ旬報社、2000年2月
『全身落語家読本』 新潮社、2000年9月 (新潮選書)
『落語は最高のエンターテインメント』 講談社、2004年3月 (講談社DVD book)
『らくご小僧』 新潮社、2004年6月
『志らくの落語二四八席辞事典』 講談社、2005年4月
『立川志らくの現代映画聖書』 講談社、2005年6月
『雨ン中の、らくだ』 太田出版、2009年2月
『立川流鎖国論』 梧桐書院、2010年11月
『落語進化論』 新潮社、2011年6月
『談志のことば』 徳間文庫、2013年12月

▼映画(監督作・自主制作)▼
異常暮色(1998年)
死神パラダイス(1999年)
カメレオンの如き君なりき(2001年)
SF小町(2002年)
不幸の伊三郎(2004年)

 

Sponsored Link

 - 立川志らく , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

立川志らく
立川志らく 短命(長命)

短命(たんめい)は、古典落語の演目のひとつ。東京・上方両方で広く演じられる。 縁 …

立川志らく
■立川志らく 火焔太鼓

立川志らく『火焔太鼓』

立川志らく
■立川志らく 青菜

立川志らく『青菜』 あらすじ 初夏のさわやかなある日、隠居が出入りの植木屋と話を …

立川志らく
立川志らく 金明竹
立川志らく
立川志らく 親子酒

「親子酒」 立川志らく 親子酒(おやこざけ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は上 …

立川志らく
立川志らく 無精床

無精床(ぶしょうどこ)は落語の演目の一つ。 親方も小僧も無精きわまりない無茶苦茶 …

立川志らく
立川志らく 野ざらし

【ニコニコ動画】【落語】_立川志らく_野ざらし

立川志らく
立川志らく 掛け取り(掛取万歳)

掛取万歳(かけとりまんざい)は落語の演目の一つ。 上方落語では天下一浮かれの掛け …

立川志らく
■立川志らく 粗忽長屋
立川志らく
■立川志らく らくだ

立川志らく らくだ 『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 …