【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目) 寄合酒(寄り合い酒)

      2014/06/09

Sponsored Link

あらすじ

特級酒を二本貰ったからみんなで飲もう。
銭を集めて肴を買おうとしたが、全員一文なし。何か一品持ち寄ろうということにした。
乾物屋の目をごまかして数の子、乾物屋の子どもを騙して鰹節、魚屋に嘘をついて鯛など、集めてきたものはどれもこれも、騙して取って来たものばかり。訳を言って後で払うことにして、調理にかかった。
普段やったことがない連中なので、火種を入れずに七輪を扇いで火が起きねぇと騒ぎ、数の子を煮てしまうし、鰹節の煮出しは捨ててしまうし、山芋を糠漬けにするなど、目茶苦茶。挙句の果てに、まとわりつく犬に一番の目玉だった鯛を丸ごと食わせちまう始末で、もう何も残っていない。
仕方なく、味噌を摺りこんでヌタを作って、いよいよ飲むことになり、お燗番を呼ぶと、一人で飲み始めており、もうベロベロに酔っ払っている。
「二升じゃ足りねぇ、もっと持って来い」

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 堪忍袋

原作者は、三井財閥の一族である劇作家・評論家の益田太郎冠者。 主な演者として、東 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)雑俳

あらすじ 長屋の八五郎が、横町の隠居の所に遊びに行くと、このごろ雑俳に凝っている …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)転失気(てんしき)

体調のすぐれない和尚が診察に訪れた医者から「てんしき」があるかないかを聞かれる。 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 初夢

Sponsored Link (落語メモ) 青空や 富士は日本の 立烏帽子 凧揚 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 二人癖(二人ぐせ)

ににんぐせ 一方はどんな話をしていてもすぐ「つまらねぇ」と言いだす男。もう一方の …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 寝床
三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) てれすこ

てれすことは、落語の演目の一つで、そのストーリーに登場する架空の生物の種名。魚類 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 夢金

山谷堀の吉田屋という船宿。 そこの船頭・熊五郎は、このところ毎晩のように超現実的 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 浮世床

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京で …