【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎 喜劇駅前結社

   

Sponsored Link

あらすじ

そば屋の親父が娘に小言を言う。
娘はそば屋としての腕もいいが、たらこざるそばといったパスタをまねたものを作るからだ。
また、お品書きのことをメニューと言うのも気に入らない。
娘はあきれて仕事を手伝わずに出て行ってしまう。
裏のアパートに住んでいる文学青年が遊びに来ており、親父のお気に入りで娘をもらってほしいというは、文学の先生が住んでいる逗子に引っ越すという。
思い通りにはいかないものだとため息をつく親父。
そこへ若いサラリーマンがやってくる。
今まで担当だった会社を後輩に引き継ぐということで、これから尋ねていく会社の部長はカワウソに似た顔で泣き落としをするので「泣いたカワウソ」とあだ名がついているという。
それを聞いたそば屋の親父は、いいことを聞いたといって、今日は店を閉めるから帰れと言って、客を追い返してしまう。
そこへ、娘が帰ってくる。
女房と妻を前にこれまで秘密にしてきたことを話すという。
三十何年前にブラジル移民がはやったことがあり、親父もそれに参加をした。
しかし、船が難破してなんとカンボジアに着いてしまう。
そこで、ポルポト派の現地の人に世話になり、そば作りの基礎を教えてもらったとのこと。
他の人も世話になった恩人。
また、その頃プノンペンで母親と会って一緒になったという。
だが、クーデターで恩人が殺されてしまう。
その犯人のコードネームが「泣いたカワウソ」だということだけがわかっていた。
どうやら日本に潜伏しているらしく、皆、日本へ帰り敵を討とうと、この駅前商店街で秘密結社を作って情報を交換していたという。
いま「泣いたカワウソ」がわかったから敵を討ちに行ってくるといって出て行く。
しかし、とんだ間違いであることがわかって、悔しがっているところへ、東公園の本部から本当のコードネームが「笑ったラッコ」であるという情報が入る。
そば屋の裏のアパートに住んで文学青年にばけているらしいと言うのだ。
皆、急いで引き返す。
その頃、そば屋では娘が仕事をする。
たらこざるそばはやめて、たらこを洗って裏ごしして、ざるそばのわさびの代わりに使ってみよう考える。
母親はたらこざるそばと代わらないと思うが、すでに裏ごししてしまったというので好きにさせることにする。
そこへ、親父が飛び込んでくる。

「あいつどうした?あいつ、あいつ、どこいった」
「何?何のこと」
「いたろ、ラッコ、ラッコ」
「話がみえないよ。何のこと?」
「わかんねえかな。ラッコ、ラッコ、ラッコ、あらったラッコ」
「洗ったたらこ?もう越しちゃったよ」
「越しちゃった?いけねえ、間に合わなかった」

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 反対俥
柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 ハンバーグができるまで

あらすじ 舞台はとある商店街。 そこで一人の男性・マモルさんがお買い物。 このマ …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 ちりとてちん

Sponsored Link

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 午後の保健室

ある中学の午後の保健室、やったらおっさん臭い喋りをする男が一人、ベッドで横になり …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 落語の大学
柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 擬宝珠(ぎぼし)

あらすじ 若旦那が病気になって寝込んでしまった。 熊さんは親に頼まれて、病気の原 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 ウツセミ~源氏物語「空蝉」より

『源氏物語』をモチーフにして作った新作。 設定は平安時代の光源氏のストーリーとし …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 錦の袈裟

錦の袈裟(にしきのけさ)は落語の演目の一つ。 原話は、安永6年(1777年)に出 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 紙入れ

紙入れ(かみいれ)は、古典落語の演目の一つ。 いわゆる「艶笑落語(バレ噺)」であ …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 諜報員メアリー