【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎 喜劇駅前結社

   

Sponsored Link

あらすじ

そば屋の親父が娘に小言を言う。
娘はそば屋としての腕もいいが、たらこざるそばといったパスタをまねたものを作るからだ。
また、お品書きのことをメニューと言うのも気に入らない。
娘はあきれて仕事を手伝わずに出て行ってしまう。
裏のアパートに住んでいる文学青年が遊びに来ており、親父のお気に入りで娘をもらってほしいというは、文学の先生が住んでいる逗子に引っ越すという。
思い通りにはいかないものだとため息をつく親父。
そこへ若いサラリーマンがやってくる。
今まで担当だった会社を後輩に引き継ぐということで、これから尋ねていく会社の部長はカワウソに似た顔で泣き落としをするので「泣いたカワウソ」とあだ名がついているという。
それを聞いたそば屋の親父は、いいことを聞いたといって、今日は店を閉めるから帰れと言って、客を追い返してしまう。
そこへ、娘が帰ってくる。
女房と妻を前にこれまで秘密にしてきたことを話すという。
三十何年前にブラジル移民がはやったことがあり、親父もそれに参加をした。
しかし、船が難破してなんとカンボジアに着いてしまう。
そこで、ポルポト派の現地の人に世話になり、そば作りの基礎を教えてもらったとのこと。
他の人も世話になった恩人。
また、その頃プノンペンで母親と会って一緒になったという。
だが、クーデターで恩人が殺されてしまう。
その犯人のコードネームが「泣いたカワウソ」だということだけがわかっていた。
どうやら日本に潜伏しているらしく、皆、日本へ帰り敵を討とうと、この駅前商店街で秘密結社を作って情報を交換していたという。
いま「泣いたカワウソ」がわかったから敵を討ちに行ってくるといって出て行く。
しかし、とんだ間違いであることがわかって、悔しがっているところへ、東公園の本部から本当のコードネームが「笑ったラッコ」であるという情報が入る。
そば屋の裏のアパートに住んで文学青年にばけているらしいと言うのだ。
皆、急いで引き返す。
その頃、そば屋では娘が仕事をする。
たらこざるそばはやめて、たらこを洗って裏ごしして、ざるそばのわさびの代わりに使ってみよう考える。
母親はたらこざるそばと代わらないと思うが、すでに裏ごししてしまったというので好きにさせることにする。
そこへ、親父が飛び込んでくる。

「あいつどうした?あいつ、あいつ、どこいった」
「何?何のこと」
「いたろ、ラッコ、ラッコ」
「話がみえないよ。何のこと?」
「わかんねえかな。ラッコ、ラッコ、ラッコ、あらったラッコ」
「洗ったたらこ?もう越しちゃったよ」
「越しちゃった?いけねえ、間に合わなかった」

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎 ハワイの雪
柳家喬太郎/錦木検校(にしきぎけんぎょう)

あらすじ 大名・酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)が末子、格三郎が父親に疎んじられ下 …

柳家喬太郎 宗漢(そうかん)
柳家喬太郎/仏馬(ほとけうま)

あらすじ ある寺の坊主の弁長が本堂建立の勧進のため小坊主の珍念を連れて町へ出た。 …

柳家喬太郎 小言幸兵衛
柳家喬太郎 鬼背参り(おにのせまいり)

浮気ものの若旦那、遊びが過ぎて江戸を離れていたが、このたび親元に戻って来ている。 …

柳家喬太郎 時そば(時蕎麦)

副題:コロッケそば

柳家喬太郎 諜報員メアリー
■柳家喬太郎 文七元結
■柳家喬太郎 ほんとのこというと

あらすじ 結婚の挨拶にと、女が男の家を訪ねる。 いい家族に迎えられた女は、自分に …