【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 雑俳

   

Sponsored Link

あらすじ

八五郎が横町のご隠居のところへ遊びに行き、茶飲み話をしているうち、ご隠居さんがこのところ俳句に凝っていることを聞かされる。
「俳句なら私もやったことがありますよ」という八五郎に隠居は不審顔で「本当かい?どんな句を詠んだんだい」と訊ねる。
得意になって語り出す八五郎によれば「蛙(かわず)」という題で詠んだ句が「がまぐちを忘れて何も買わずかな」。
「朝顔」という題では「朝、顔を洗うは年に二三回」。
「めじろ」という題では「国鉄の目白の次は池袋」。
「春雨」という題では「船底をがりがり囓る春の鮫」という句を詠んだと胸を張る八五郎。
隠居はあきれ果てるが、「お前のような人間は狂歌が向いているかもしれない」と面白い狂歌「山王の桜に猿が三下がり相の手と手と手手と手と手と」を教える。
八五郎が面白がって狂歌をそらんじていると……

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

立川談志tatekawadansi
■立川談志 代書屋

代書(だいしょ)は、上方落語の演目の一つ。「代書屋」とも呼ばれる。 昭和10年代 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 武助馬(ぶすけうま)

武助が元の主人のところに久しぶりに帰ってきた。あれからどうしたと聞くと、八百屋を …

立川談志tatekawadansi
立川談志 狸賽(たぬさい・たぬき)

狸の札・狸の鯉・狸賽・たぬき

立川談志tatekawadansi
立川談志 実演解釈 笑い茸

Sponsored Link

立川談志tatekawadansi
立川談志 山号寺号(さんごうじごう)

山号寺号(さんごうじごう)は、落語の演目の一つ。 別名『恵方参り』ともいう。 ま …

立川談志tatekawadansi
立川談志 ろくろ首(ろくろっ首)

ろくろ首(ろくろくび)は、古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の演目で、幕末か …

立川談志tatekawadansi
立川談志 阿武松

あらすじ 京橋観世新道に住む武隈文右衛門という幕内関取の所に、名主の紹介状を持っ …

立川談志tatekawadansi
立川談志 万金丹

あらすじ 江戸を離れて、気ままな文無し二人旅。 日も暮れて泊まるところが無いので …

立川談志tatekawadansi
立川談志 岸柳島(巌流島)

隅田川を渡るのには橋があったが、両国橋と吾妻橋の間に”御厩の渡し”が有った。ここ …

立川談志tatekawadansi
立川談志 あくび指南