【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 妲己のお百(だっきのおひゃく)

   

Sponsored Link

あらすじ

『妲己のお百』とあだ名されるとんでもない悪女は、今は美濃屋の小さんとして女主人になっている。
そこへ元は芸者で目を患っている峰吉が、娘およしを預けにくる。
小さんの勧めで峰吉は医者にかかって泊まりの養生をすることになったが、そのあいだに小さんは一芝居打っておよしを吉原に売り飛ばしてしまった。
いったん美濃屋に戻った峰吉は、およしに会いたいと言うが、小さんは適当な言い訳で誤魔化して先延ばしにする。
再び目が悪くなり、物音がする度におよしのことを言うので、バレる前に昔の仲間の重吉を雇って殺してしまうことにする……

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

立川談志tatekawadansi
立川談志 権助提灯
立川談志tatekawadansi
立川談志 あくび指南
立川談志tatekawadansi
立川談志 山崎屋

あらすじ 若旦那・徳さんが番頭に三十両貸してくれと借金の申し込みをしたが頭から断 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 恋根問

女にもてない男が、モテるための条件をご隠居から指南される 「一見栄(服装・身なり …

立川談志tatekawadansi
立川談志 十徳

あらすじ 御隠居が着ている服の名前は十徳だと教えて貰った。 その名の由来を聞くと …

立川談志tatekawadansi
立川談志 淀五郎

あらすじ どの社会でも頭抜けるというのは容易な事ではありません。 四代目市川団蔵 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 馬の田楽(うまのでんがく)

あらすじ 頼まれた味噌の荷を馬に積んで三州屋という酒屋に来た男。 いくら呼んでも …

立川談志tatekawadansi
立川談志 慶安太平記~吉田の焼き討ち
立川談志tatekawadansi
立川談志 味噌蔵

あらすじ 驚異的なしみったれで名高い、味噌屋の主人の吝嗇(しわい)屋ケチ兵衛。 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 二十四孝

『二十四孝』とは、古典落語の演目の一つである。主な噺家は桂文治 (10代目)など …