【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 義眼

      2014/06/09

Sponsored Link

あらすじ

片目を患った男、医者に診てもらうと
「これ、もう駄目だからくり抜きましょう」
「先生、あとどうするんです?」
「今いい義眼が出来てますから、それをはめましょう」
 で、義眼を入れてみたところ、まことに具合がいい。
「夜寝るときとか、使わないときは外してね、水に浸けといて下さい。その方が保ちがいいですから」
「先生、吉原の馴染みの女に見せてやりてえんですが」
「勝手になさい」
 奴さん吉原へ。馴染みの見世にあがって女の子を呼んで泊まる。
 隣の座敷にいた男は、女の子に振られてクサクサしている。
「冗談じゃねえや全く……。女ァちらッと顔ォ見せたっきり、まるで来やしねえ。……隣の座敷には女ァ来てやがんだな。ペチャクチャうるせえね……こっちは独り者だぃ。お静かに願おうじゃねえか。……ん? 本当に静かになったねェ。よせよオイ、静かんなったら何してっか分かるじゃねぇか畜生」
 やがて隣座敷の戸がガタン。
「女出てったね。……ふゎ~あ……しゃあねえ寝ちゃおう。しかし喉が乾いたから、水一杯飲んでから……」
 廊下へ出る。ひょいと見ると隣の戸が少し開いている。覗いてみると、寝ている男の枕元に湯呑み。水に目玉を浸けてあるが、覗き見の男はそんな事もちろん知らない。
「この水飲んじまおう」
 知らん顔して飲み干しちまう。
さぁそれからこの男、通じがつかなくなっちゃった。
「先生、主人はどんな塩梅でしょう」
「奥さんですか。ご主人は肛門の奥に何かが詰まってるようですな。ちょいとこの眼鏡で覗いてみましょう」
 細長い望遠鏡のような器具を肛門に突っ込んで先生それを覗いたが、
「ギャッ!!」
「先生、どうかなさいましたの」
「いや奥さん驚きました。あたしがこっちから覗いたら、むこうからも誰か見てました」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)淀五郎

あらすじ 忠臣蔵の判官役が急病になり、名題に成り立ての弟子、沢村淀五郎が指名され …

古今亭志ん生(五代目)浅井の化け物娘(本所七不思議・置いてけ堀)

古今亭志ん生(五代目)浅井の化け物娘(本所七不思議・置いてけ堀) 別題:おいてけ …

古今亭志ん生(五代目) 業平文治漂流奇談
古今亭志ん生(五代目)文七元結

文七元結(ぶんしち もっとい)は、三遊亭圓朝の創作で、落語のうち、人情噺のひとつ …

古今亭志ん生(五代目)そば清(蛇含草)

別題:蕎麦の羽織/蕎麦の清兵衛 東京の3代目桂三木助が、『蛇含草』の登場人物と主 …

古今亭志ん生(五代目) 安兵衛狐

あらすじ 六軒長屋があり、四軒と二軒に分かれている。 四軒の方は互いに隣同士で仲 …

古今亭志ん生(五代目)搗屋幸兵衛(つきやこうべえ)

あらすじ 家主の幸兵衛が、今朝も長屋を一回りして、小言を言って家に戻ると、空家を …

古今亭志ん生(五代目)紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。 原話は、松浦静山が文政4年(1821年 …

古今亭志ん生(五代目) 塩原多助一代記~道連れ小平

塩原多助序 上州沼田に300石の田地を有する豊かな塩原家の養子多助は、養父角右衛 …

■古今亭志ん生(五代目)岸柳島(巌流島)

岸柳島(がんりゅうじま)は古典落語の演目の一つ。 「巌流島」とされる事もある(理 …