【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■立川談志 ずっこけ

      2018/09/10

Sponsored Link

あらすじ

飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。
店の坊主が看板だというと、熊さんがもう一本だけ飲んだら帰るというので、店の坊主はとっくりを一本持ってくる。
その一本を飲みながら、きれいな女に酌をしてもらいたいと言ったり、洒落を言ってもわからないと文句を言ったりする熊さんに、店の坊主はうんざりしている。
そこに客が入ってきたので、店の坊主が「もう看板だから」と断ろうとすると、熊さんを迎えに来たという。
男は仕事の話があると熊さんを連れて出ようとするが、勘定をしろというと熊さんはお金を持っておらず、そのうち援軍が来ると思って飲んでいたという。男は仕方がなく自分が払う。
店を出たはいいが、すっかり酔っ払った熊さん、薬屋の仁丹の看板の男に挨拶したり、あげくの果てには立小便も自分でできず、男に手伝ってもらう始末。家に着いたとたん、熊さんの嫁に文句を言う。
熊さんの嫁もしょうがない男だとぼやくが、それでもいいところがあると、のろけだすので、男は怒り出す。
そうはいっても嫁も愛想が尽きた、一緒になって六年の間毎晩お酒を飲んでいる、それが昨日やっとわかったというので、「毎晩飲んでいたのに、何で昨日まで知らなかったのか」と訊くと、「昨日初めて素面で帰ってきた」というサゲ。

前半部分、居酒屋の小僧に絡むところをふくらませて、新しいくすぐりを入れたものが『居酒屋』

⇒ 三遊亭金馬 居酒屋
⇒ 立川談笑 居酒屋改作 イラサリマケー

Sponsored Link

 - 立川談志 , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 山号寺号(さんごうじごう)

山号寺号(さんごうじごう)は、落語の演目の一つ。 別名『恵方参り』ともいう。 ま …

立川談志/化け物使い

人使いの荒いご隠居がいて、次々と奉公人を雇うが、三日も経たずに「暇をもらいたい、 …

立川談志 嘘つき二代(南極探検・弥次郎合作)

  春風亭柳昇(五代目)から『南極探検』を教わり、『弥次郎』の息子が『 …

立川談志 首提灯

2010年4月13日8か月ぶりに高座に復帰し『首提灯』を披露した。 8ヵ月にわた …

立川談志 お菊の皿(皿屋敷)

あらすじ 長屋に住んでる粗忽者たち。 どこからか幽霊の出る屋敷があると聞きつけ、 …

立川談志 五貫裁き

神田の三河町に家主の多呂兵衛、借家人の半端者の八公が住んでいた。 この八公が人生 …

■立川談志 代書屋

代書(だいしょ)は、上方落語の演目の一つ。「代書屋」とも呼ばれる。 昭和10年代 …

立川談志 二十四孝

『二十四孝』とは、古典落語の演目の一つである。主な噺家は桂文治 (10代目)など …

立川談志 夢金

金のことばかり考えている船頭の熊蔵。雪のしんしんと降る晩、船宿の二階で「金が欲し …

立川談志 宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …