【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■三遊亭圓生(六代目) ねずみ穴(鼠穴)

      2014/07/21

Sponsored Link


川柳川柳が落語家になろうと師匠と決めた縁の一席でございます。

あらすじ

亡くなった父の遺した田畑を二等分した百姓の兄弟。
金に換えた兄はそれを元手に江戸へ出て成功し大店を持つようになる。
一方、弟は遊びで全てを使い果たした挙句、江戸の兄のもとを頼って来る。
兄はそんな弟に、元手を貸すから自分で商売を始めてみろと薦めて帰す。
喜んだ弟が、外に出て中をあらためると、たったの3文しか入っていなかった。
吝嗇な兄のやり方に弟は怒ったが、これを契機に一念発起し、それからは身を粉にして働いた。
その結果、弟も大店の主になり、妻を持ち器量の良い娘にも恵まれ幸せに暮らせるようになった。
ある冬の日、弟は借りた3文の金を返しに10年振りに兄のもとを訪れる。
依然独り身を通す兄からそこで聞かされた10年前の3文の意味に弟は納得し、酒を飲み交わし、勧められるまま兄の家に泊まっていくことにした。
しかし順風満帆だった弟の人生は、その夜を境に急激に暗転する。

主な演者

上方落語から3代目三遊亭圓馬を経て東京の6代目三遊亭圓生へ伝わった。
6代目三遊亭圓生が再構成した上に、1953年末に第4次落語研究会で口演して高い評価を得た。
近年では7代目立川談志が得意とし、他にも10代目柳家小三治や上方の4代目桂福團治等が演じる。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目) 位牌屋

三遊亭圓生(六代目) 位牌屋

■三遊亭圓生(六代目) 百川

) 昭和53(1978)年4月25日 第120回落語研究会 国立小劇場 圓生77 …

三遊亭圓生(六代目)樟脳玉(しょうのうだま)

あらすじ お人良しで気が弱く、正直者で愛妻家の捻兵衛(ねじべえ)さんが、女房に先 …

■三遊亭圓生(六代目) 雁風呂

水戸黄門様がわずか3人の供を連れて東海道を江戸から上ってきた。遠州掛川に着いた時 …

no image
三遊亭圓生(六代目) てれすこ
三遊亭圓生(六代目) 代脈

<代脈(だいみゃく)は、古典落語の演目の一つ。原話は、元禄10年(1697 …

三遊亭圓生(六代目) 心のともしび(心の灯火)

長屋暮らしで傘張りで生活している浪人。今日もうまのあう町人が遊びに来る。字を教え …

三遊亭圓生(六代目) 艶笑噺(えんしょうばなし・おいろけばなし)
三遊亭圓生(六代目)やかん

  あらすじ この世に知らないものはないと広言する隠居。 長屋の八五郎 …

三遊亭圓生(六代目) 髪結新三(かみゆいしんざ)上・下 白子屋政談

紀伊国屋文左衛門の番頭であった庄三郎は紀伊国屋が傾いてきたのを察知して独立した。 …