【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 子猿七之助

   

Sponsored Link

あらすじ

すばしっこいので、小猿と呼ばれた「七之助」と、浅草広小路”滝之屋”の芸者「お滝」が禁じられた、船頭と芸者だけの二人だけで乗る”二人船”に乗って浅草に向かう。

鉄砲洲の稲荷河岸から永代橋まで差し掛かると橋の上から身投げの男。
二人の乗った屋形船に助けられ、事情を聞くと、新川新堀、酒問屋”鹿島屋”の「幸吉」で、浮いた話ではなく、集金の30両を渡し船の中の博打ですってしまい主人に申し訳ないので、飛び込んだと言う。

30両が有れば死ななくても済むので、船頭の俺には出来ないが、お滝姉さんなら何とかならないかと聞くと、あれとこれを始末すればその位は何とか出来るとの話。死ななくてもイイので、お礼を言う。

話の続きを聞くとイカサマ博打で取られ、少しでも返して貰おうとむしゃぶりつくと、殴られ、血を出し、その時の相手の片袖を握りしめ飛び込んだと言う。
そのイカサマ師に仕返しをして、倍の60両を取ってきてやると、男気な七之助に励まされる。
相手のイカサマ師の名を聞くと、深川相川町の網打ちの「七蔵」と言う。
安心した幸吉は立ち上がると船縁から流れの速い大川に不意に落ちた。

お滝が不振な様子を示しているが、遠くで「ひぃ~」という断末魔。
こんな夜は早く帰ろうと、船を出すが、永代橋を逆に戻り佃の鼻を回り 汐入の中に船を止める。
雨が降って来るし、回りは真っ暗で他の船も見えない。
匕首を持った七之助がお滝の命を貰うという。実は七蔵とは七之助の実の親。幸吉にしゃべられると、どうなるか判らない。だから親の為、幸吉を突き落としたと言う。

又それを見ていたお滝さんもその口から秘密がばれるとマズイので、死んで貰うと船の中へ。

「いいよ、惚れた男に殺されるのなら、本望だ」

「そんな鎌倉時代じみたことを言っても、俺の切っ先は鈍らない」

「待っておくれよ、殺すのなら、本当のことを聞いてから殺っておくれよ」

「俺は確実に殺る」

「私が禁じられている二人船で来たこの気持ちが分からないかい」

「……」

「それに……あれもあった、これもあった」
と せっせつと口説く。必死で。

夜、二人だけの船の中……、黙って聞く七之助。

小猿七之助の抜き読みでした。

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 ねずみ穴(鼠穴)

あらすじ 竹次郎が江戸の兄のところに訪ねてきた。 竹次郎は遺産の大部分を茶屋酒と …

立川談志 付き馬

付き馬(つきうま)は、古典落語の演目の一つ。 原話は元禄5年(1692年)に出版 …

立川談志/猪買い(ししかい)

最近、冷の病で具合の悪い八っつあん。近所のご隠居を訪ねると、「冷えの病はひどくな …

立川談志 子ほめ

あらすじ 人間がおめでたくできている熊公が御隠居のところに、人にただ酒をのまして …

■立川談志 三軒長屋

【落語】立川談志『三軒長屋』 あらすじ 三軒長屋の両端に鳶の頭と剣術の楠木先生、 …

立川談志/疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

立川談志/芝浜

三木助に対しては概ね好意的である7代目立川談志も「三木助さんの芝浜は好き嫌いでい …

■立川談志/やかん(薬缶)

★聴き比べ ⇒ 三遊亭金馬(五代目)やかん  ⇒ 三遊亭圓生(六代目)やかん & …

立川談志 阿武松

あらすじ 京橋観世新道に住む武隈文右衛門という幕内関取の所に、名主の紹介状を持っ …

立川談志 らくだ

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …