【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■立川談志 松曳き

   

Sponsored Link


※29:07~野ざらし

『松曳き』(まつひき)は古典落語の演目の一つ。
主な噺家は、立川談志桃月庵白酒などがいる。

あらすじ

ある日のこと、粗忽者の殿様が老中の三太夫を呼ぶが、いざ自分の前に参ると、自分が呼んだことも忘れて「何用じゃ?」と聞いてしまう。
その後、三太夫の指摘で自分が呼んだことを思い出し、用件として「先代が植えた赤松が立派に成長したはいいが、そのせいで月を隠すので泉水縁へ植え替られないか」ということを相談する。

しかし、その松は先代が命の次に大事にし、自ら手入れも行っていたようなものであるため、下手なことをして枯らすわけにはいかない…そこで、『餅は餅屋』ということにあやかって植木屋を呼んで見通しを立ててもらうことにする。

そんなわけで植木屋の八五郎が屋敷に呼ばれるが、事前に言葉を丁寧にするよう言われていたため、全ての名詞・動詞に「御~たてまつる」をつけてしまい、殿様にはその言葉をいっこうに理解できない。それが言葉を変に改めているからと三太夫に説明をされ、いつも通りの言葉でいいからと説明を改めて求めると、松を枯らさずに植え替えられると説明されたため、殿は嬉しくなり、職人連中を呼び入れ、酒宴を催す。

そんな中、三太夫に国表より早馬にて書面が届いたということで三太夫は自室に戻り、手紙を拝見すると、そこには「国表において御殿様、姉上様、御死去」、つまり殿の姉が死んだという趣旨が書かれていた。
三太夫は急いで殿の元へ戻り、このことを報告するが、実は三太夫もかなりの粗忽者で書面を詳しく読まずに急いで来てしまったため、再び書面を確認しに、帰宅する。

ところが、改めて書面を拝見すると、その手紙は『国表において、御貴殿、姉上様、御死去』、つまり自分の姉が死んだという内容だったことに気づき、このことを改めて殿に謝罪と共に報告するが、そのことに殿は激怒し、三太夫に切腹を申しつける。

ところが、殿様が三太夫の読み違いへの怒りから、三太夫が読み違えた文章を反芻してみると、自分には姉はいないことに気づき、三太夫の切腹を急いで止めにいくのであった。

Sponsored Link

 - 立川談志 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 ねずみ小僧

) あらすじ 駆け落ちのふたり、清七とお千代が追いはぎに襲われているところを、前 …

立川談志 富久

ある年の国立劇場演芸場で開かれた「談志ひとり会」で「富久」を聴いた。 幇間の久蔵 …

立川談志/道灌

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …

立川談志 岸柳島(巌流島)

隅田川を渡るのには橋があったが、両国橋と吾妻橋の間に”御厩の渡し”が有った。ここ …

■立川談志 人情八百屋

日本橋茅場町の八百屋の平助は、10日ほど前、霊岸島の裏長屋で、おかみさんが出てき …

■立川談志/幽女買い

  あらすじ 急に暗いような明るいような変なところに来てしまった太助、 …

立川談志 宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

■立川談志 芝浜*

三木助に対しては概ね好意的である7代目立川談志も「三木助さんの芝浜は好き嫌いでい …

■立川談志 源平盛衰記
立川談志 実演解釈 笑い茸