【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■三遊亭圓生(六代目) 盃の殿様

      2014/07/22

Sponsored Link

あらすじ

西国から参勤交代で江戸にやってきたあるお大名。
ここのところ、過労もあってか気鬱の病で周囲を心配させている。
気晴らしにと茶坊主の珍斉が吉原の遊女を描いた錦絵を見せると殿様は興味を持ち、一度、吉原に行ってみたいと言い出す。
家老の上村彌十郎は反対するが、拗ねた殿様がまた気鬱の病になりそうなので、しかたなく、吉原見物を許すことになる。
当日は、家臣三百数十名を従え、大名行列をしながら吉原へ。
殿様は茶屋の二階に陣取ると、花魁の道中を見て楽しむ。
なかでも殿様の目を引いたのが花扇という花魁。
殿様が「座敷に招きたい」と所望すると、禿、新造を従えた花扇花魁が現れ、殿様と一夜をともにする。
花魁の手練手管にすっかり参った殿様は、それから連夜の吉原通い。
しまいには袴を脱ぎ捨てて助六を気取る有様である。
家老の彌十郎は頭を痛めているが、そこへ参勤交代の知らせ。
殿様は名残惜しくも本国の九州へ帰ることになる。
城は帰っても思い出すは花扇のことばかり。
ついには家臣を呼び出して吉原の花扇に盃を使わすようにと大変なことを言いつける……

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)がまの油(蝦蟇の油)

あらすじ 大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」だ、黒羽二重の紋付き袴 …

三遊亭圓生(六代目) 錦の袈裟

上方落語の『袈裟茶屋』の舞台を吉原遊廓に置き換えて東京に移入し、さらに明治期に初 …

三遊亭圓生(六代目) 人形買い

あらすじ 長屋の神道者の赤ん坊が初節句で、ちまきが配られたので、長屋中で祝いに人 …

三遊亭圓生(六代目) お祭り佐七
■三遊亭圓生(六代目) 雁風呂

水戸黄門様がわずか3人の供を連れて東海道を江戸から上ってきた。遠州掛川に着いた時 …

三遊亭圓生(六代目)吉住万蔵(よしずみまんぞう)

  四代目邑井貞吉(むらいていきち)からこの人情話を教わり、サゲをつけて高座にか …

■三遊亭圓生(六代目) ねずみ穴(鼠穴)

川柳川柳が落語家になろうと師匠と決めた縁の一席でございます。 あらすじ 亡くなっ …

三遊亭圓生(六代目) ちきり伊勢屋

易者の白井左近は易が上手く、知人の旗本中川右馬之丞の災難を予言して一命を助けたこ …

三遊亭圓生(六代目)てれすこ
三遊亭圓生(六代目)のめる

酒好きで、なにかにつけて「のめる」というのが口癖の男。 友達に、「つまらねえ」が …