【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■三遊亭圓生(六代目) 盃の殿様

      2014/07/22

Sponsored Link

あらすじ

西国から参勤交代で江戸にやってきたあるお大名。
ここのところ、過労もあってか気鬱の病で周囲を心配させている。
気晴らしにと茶坊主の珍斉が吉原の遊女を描いた錦絵を見せると殿様は興味を持ち、一度、吉原に行ってみたいと言い出す。
家老の上村彌十郎は反対するが、拗ねた殿様がまた気鬱の病になりそうなので、しかたなく、吉原見物を許すことになる。
当日は、家臣三百数十名を従え、大名行列をしながら吉原へ。
殿様は茶屋の二階に陣取ると、花魁の道中を見て楽しむ。
なかでも殿様の目を引いたのが花扇という花魁。
殿様が「座敷に招きたい」と所望すると、禿、新造を従えた花扇花魁が現れ、殿様と一夜をともにする。
花魁の手練手管にすっかり参った殿様は、それから連夜の吉原通い。
しまいには袴を脱ぎ捨てて助六を気取る有様である。
家老の彌十郎は頭を痛めているが、そこへ参勤交代の知らせ。
殿様は名残惜しくも本国の九州へ帰ることになる。
城は帰っても思い出すは花扇のことばかり。
ついには家臣を呼び出して吉原の花扇に盃を使わすようにと大変なことを言いつける……

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■三遊亭圓生(六代目) 後家殺し

おかみさんが居ないのが好都合だと言い、男が聞き始めた。 表の伊勢屋の後家と常吉は …

三遊亭圓生(六代目)猫怪談

あらすじ 深川蛤町の裏長屋に与太郎が住んでいたが、育ての親の親父が死んでしまった …

三遊亭圓生(六代目) 無精床(けんつく床)

無精床(ぶしょうどこ)は落語の演目の一つ。 親方も小僧も無精きわまりない無茶苦茶 …

三遊亭圓生(六代目) 操競女学校(みさおくらべおんながっこう)~お里の伝~
三遊亭圓生(六代目) 長崎の赤飯(長崎の強飯ながさきのこわめし)

おいおい、よしなよ。 ふッ、莫迦なことを言ってやがる。 そんなことが出来るんなら …

三遊亭圓生(六代目)無学者論に負けず(やかん)

根問いもの。『やかん』別題 ぶっつけ落ち

【リレー落語】三遊亭圓生~林家正蔵【真景累ヶ淵】
三遊亭圓生(六代目) 髪結新三(かみゆいしんざ)上・下 白子屋政談

紀伊国屋文左衛門の番頭であった庄三郎は紀伊国屋が傾いてきたのを察知して独立した。 …

三遊亭圓生(六代目) 艶笑噺(えんしょうばなし・おいろけばなし)
三遊亭圓生(六代目) 真田小僧

こましゃくれた子供が父親から小遣いをせびるためにあの手この手のゴマすり、それでも …