【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■立川志の輔 バールのようなもの

      2014/12/18

Sponsored Link


*清水義範の小説が原作

Sponsored Link

あらすじ

大工の八っつぁんがニュースで見聞きする「バールのようなもの」という言葉が気になり、物知りのご隠居に訊ねる。
「何で『バールでこじ開けた』と言わないんですか」

「ニュースの言い回しだから、それでいいのだ。『捜査にメスが入りました』と言うだろう?お前、見たことがあるかい?捜査員がメスを持って入るのを。『美味しいものを食べて舌鼓を打ちました』と言うだろう? 舌鼓を打つかい? 誰がそんなものを打つかい! そんなものを打つのは落語家だけだ。だから、『バール』というよりも『バールのようなもの』というとニュースらしく聞こえる。深みがあるなあ。」

「なるほどねえ。で、その『バールのようなもの』というのはどういうものなんですか……ホントはあるんでしょ? 泥棒の業界だけで使う専門の道具なんでしょ。名前も『コジアケール』とか。ところが、それをニュースで言うと、全国の泥棒が『いいじゃねえか。これ使おうじゃねえか』となって、その商品がやたら売れると困るので、『バールのようなもの』と言っているんでしょ」

「お前さんが考えそうなことだ。無駄なところに深い読みをするんじゃない。誰も見ていなかったから『バールのようなもの』って言うんだ」

「ああ、なるほどね。見てりゃあ『バール』でいいものね」「でもね、泥棒だって、誰も見ていないじゃないですか。『泥棒のようなものが侵入し』でしょう」

……こんなこんなバカバカしい問答を繰り返した挙句、八っつぁんは『バールのようなもの』は必ずしも『バール』ではないことを覚える。
『女のような』は『女』ではなく、『ハワイのような』は『ハワイ』ではなく、『夢のような』は『夢』ではないように。

納得して、八っつぁんが家に帰ると、カミさんが怒っている。

「知ってるんだからね。女に会いに行ってきたんだね。妾のところだね」と凄まじい剣幕。
八っつぁん、必死になって「妾じゃない」と否定するが、カミさんは取り合わない。
仕方なく「あれは『妾』ではなくて『妾のようなもの』だ」と言ってしまい、殴られてしまう。

再びご隠居のもとへ来た八っつぁん、『妾』にだけは『のようなもの』を付けちゃ駄目と知る。
なぜか『妾』に『のようなもの』を付けると強調されるらしい。

「それにしても、そのおでこはひどいな。何で殴られたんだ」と問う隠居に、

八つぁん

「バールのようなもので……。」

Sponsored Link

 - 立川志の輔 , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川志の輔 ハナコ
■立川志の輔/井戸の茶碗

あらすじ 正直者の屑屋の清兵衛が浪人、千代田卜斎から預かった仏像を、高木佐久左衛 …

立川志の輔 しじみ売り(蜆売り)
立川志の輔 五貫裁き

五貫裁き(ごかんさばき)は、落語の演目の一つ。 名奉行と言われた大岡忠相を重要な …

■立川志の輔 親の顔

『親の顔』は立川志の輔作の新作落語である。 志の輔がプロになってから初めて創作し …

■立川志の輔 歓喜の歌

『歓喜の歌』(かんきのうた)は、立川志の輔による新作落語。映画化、テレビドラマ化 …

■立川志の輔 ねずみ(甚五郎のねずみ)
■立川志の輔 宿屋の仇討
立川志の輔 新版 蜆売り(しじみ売り)
■立川志の輔 こぶ取り爺さん