【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 馬の田楽(うまのでんがく)

   

Sponsored Link

あらすじ

頼まれた味噌の荷を馬に積んで三州屋という酒屋に来た男。
いくら呼んでも誰も出て来ないので、馬を道端につないで待っているうち、居眠りをしてしまう。
目をさますと店の者がいるので、味噌を持ってきたというとうちでは頼まない。
裏町の三河屋のまちがいだといわれ、出かけようとすると馬がいない。
そばで遊んでいた子供がいたずらをしたので、馬がおどろいてかけだしてしまったのだ。

男はあわてて馬をさがしていき、道を人にたずねるが、つんぼのおばあさんだったり、よけいなことを長々としゃべったあげく馬は知らないという男や、どもりの男にぶつかったり、さっぱりゆくえがわからない。
知り合いの虎十郎がむこうから来たので「味噌つけた馬知らねえか」ときくと、
したたか酔っている虎十郎
「味噌つけた馬だあ?はっはっは、おらあ、この歳になるまで馬の田楽は食ったことがねえだ」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

立川談志tatekawadansi
立川談志 宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

立川談志tatekawadansi
立川談志 権助提灯
立川談志tatekawadansi
立川談志 つるつる

談志師匠の『つるつる』 一八は、芸者のお梅という女性に、3年も4年も惚れ続けてい …

立川談志tatekawadansi
立川談志 妲己のお百(だっきのおひゃく)

あらすじ 『妲己のお百』とあだ名されるとんでもない悪女は、今は美濃屋の小さんとし …

立川談志tatekawadansi
立川談志/味噌蔵

あらすじ 驚異的なしみったれで名高い、味噌屋の主人の吝嗇(しわい)屋ケチ兵衛。 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 六尺棒

六尺棒(ろくしゃくぼう)は、古典落語の演目の一つ。 原話は不明だが、文化4年口演 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 あくび指南
立川談志tatekawadansi
立川談志 浮世根問
立川談志tatekawadansi
立川談志 木乃伊取り

あらすじ 集金の金を持って若旦那が2~3日帰ってこなかった。 調べると吉原の角海 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 五人廻し

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人のおいらんが一晩に複数の客をとり …