【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 万金丹

   

Sponsored Link

あらすじ

江戸を離れて、気ままな文無し二人旅。
日も暮れて泊まるところが無いので、山寺で宿を求める。数日、ぶらぶらしていたが、その寺の住職が本山へ出向くと云うので留守番をする事になる。坊主として葬式に呼ばれるが、もちろん、お経などは知らないから、口から出任せ……
さて戒名は……となったが、そんなのは用意してない。「万金丹(まんきんたん)」と云う丸薬の袋があったので、それを咄嗟に戒名代わりとした。

「戒名ってのは、タテに長いもんだけんど、こりゃぁ、マッちかく(真四角)ですねぇ」
「いいんだよ。これが、新型だ!」
「この、万金丹ってのは何です?」
「仏さんの名前が、万屋金兵衛(よろずやきんべえ)だろ!? だから、万金(マンキン)でいいじゃねぇか!」
「はぁ、そうかねぇ。じゃあ、最後の丹(たん)ってぇのは?」
「屋根から落っこって死んだんだろ。落っこたん、のタンだよ!」

「ただし、白湯(さゆ)にて用うべし。あんれまぁ、戒名に但し書きがある」

「なぁに、改めてこの仏へ、お茶湯(おちゃとう)には及ばない……」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 つるつる

談志師匠の『つるつる』 一八は、芸者のお梅という女性に、3年も4年も惚れ続けてい …

立川談志 短命(長命)

あらすじ 大店の伊勢屋の養子が、来る者来る者たて続けに一年ももたずに死ぬ。 今度 …

■立川談志 紺屋高尾

あらすじ 神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。 話 …

立川談志/黄金の大黒(きんのだいこく)

長屋の子供達が普請場で遊んで地面を掘っていると金無垢の大黒像が出て来た。 年の瀬 …

立川談志 姫かたり

姫かたり(ひめかたり)は古典落語の演目の一つ。 主な演者として、5代目古今亭志ん …

立川談志 阿武松

あらすじ 京橋観世新道に住む武隈文右衛門という幕内関取の所に、名主の紹介状を持っ …

■立川談志 野ざらし
立川談志 木乃伊取り

あらすじ 集金の金を持って若旦那が2~3日帰ってこなかった。 調べると吉原の角海 …

立川談志 慶安太平記~箱根越え
立川談志/浮世根問