【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 よかちょろ

   

Sponsored Link

あらすじ

若だんなの道楽がひどく、一昨日集金行ったきり戻らないので、旦那はカンカン。
番頭に、おまえが信用しないと余計自棄になって遊ぶからと、与田さんの掛け取りにやるように言ったのがいけないと、八つ当たりです。
今日こそみっちり小言を言うから、帰ったら必ず奥へ寄越すように、言いつけます。
そこへ帰ってきたのですが、集金したお金は全くありません。

旦那は呆れて、使い道を話してみろと言います。
若旦那は少しも騒がず、無駄な出費ではありませんと言う。
旦那は頭に来て、内訳を言ってみろといいます。

その内訳は、まず髭剃代が五円、あとは「『よかちょろ』を四十五円で願います」
「よかちょろ」とは何だと言うと、安くてもうかるものだというので、
「ふうん、おまえはそれでも商人のせがれだ。あるなら見せなさい」
「へい。女ながらもォ、まさかのときはァ、ハッハよかちょろ、
主に代わりて玉だすきィ……しんちょろ、味見てよかちょろ、
しげちょろパッパ。これで四十五円」

旦那は呆れ返って仕舞い、女将さんにも文句を言ってモメます。
なんだかんだと言い合いをしてといとう若旦那、勘当にあいなります。

かっては、若旦那がこれ以外の出費を並べて二百円ちょうどにしたので、旦那がケムにまかれ
「うん、してみると無駄が少しもない」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

立川談志tatekawadansi
立川談志 宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

立川談志tatekawadansi
立川談志 お菊の皿

あらすじ 長屋に住んでる粗忽者たち。 どこからか幽霊の出る屋敷があると聞きつけ、 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 道灌*

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …

立川談志tatekawadansi
■立川談志 金玉医者(きんたまいしゃ)

金玉医者は、古典落語の演目のひとつ。 「顔の医者」「すが目」「頓知の医者」「皺め …

立川談志tatekawadansi
立川談志 夢金

金のことばかり考えている船頭の熊蔵。雪のしんしんと降る晩、船宿の二階で「金が欲し …

立川談志tatekawadansi
立川談志 笠碁*

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。 上方落語であったが、東京に移植された。 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 山号寺号(さんごうじごう)

山号寺号(さんごうじごう)は、落語の演目の一つ。 別名『恵方参り』ともいう。 ま …

立川談志tatekawadansi
立川談志 ねずみ小僧

) あらすじ 駆け落ちのふたり、清七とお千代が追いはぎに襲われているところを、前 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 現代落語論
立川談志tatekawadansi
立川談志 嘘つき二代(南極探検・弥次郎合作)

  春風亭柳昇(五代目)から『南極探検』を教わり、『弥次郎』の息子が『 …