【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目) 干物箱

   

Sponsored Link

あらすじ

銀之助は遊び好きの若だんな。外出を親父に禁止されている。
「湯へ行く」と偽り、貸本屋の善公の長屋へ。
借金漬けのこの男、声色は天下一品。
亀清の宴会で銀之助の声色をしたら大ウケ。

厠から戻った銀之助の親父が「家で留守番していろというのに、またてめえ来やがって」と、怒りだしたほどだ。
その一件を思い出した若だんな、自分が花魁に会っている間、善公に家での身代わりを頼む。
善公は羽織一枚と十円の報酬で引き受けた。

「お父っつぁん、ただいま帰りました。おやすみなさい」と善公、うまく二階に上がりはしたが
「今朝、お向こうの尾張屋からもらった北海道の干物は何の干物だった」との父親の質問には
「お魚の干物です」
「青物の干物があるかい。どこに入れといた」には
「干物箱」と、しどろもどろ。
「干物箱? どんな箱だい」
「これは困った。羽織一枚と十円ぐらいじゃ割が合わねえ。今ごろ若だんなは芸者、幇間と馬鹿騒ぎかよ」などと、長い独り言。
「変な声を出しやがって」と、いよいよおやじが二階に上がってしまい、善公であることがばれる。
そこへ、忘れ物を取りに戻ってきた若だんな。
「この罰当たりめ。どこォのそのそ歩いてやがる」おやじのどなり声を聞いて
「はっはァ、善公は器用だ。親父そっくりだ」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 無精床(けんつく床)

無精床(ぶしょうどこ)は落語の演目の一つ。 親方も小僧も無精きわまりない無茶苦茶 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) お化け長屋

あらすじ 長屋に一軒の空き家があり、みんなで物置代りに使おうということで、誰かが …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目)無学者論に負けず(やかん)

根問いもの。『やかん』別題 ぶっつけ落ち Sponsored Link 物知りだ …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 近江八景

近江八景(おうみはっけい)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、安永10年(178 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) らくだ

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 操競女学校(みさおくらべおんながっこう)~お里の伝~

Sponsored Link 麹町表三番町に三百石を取る旗本・永井源助は人望にも …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) おさん茂兵衛

深川やぐら下は花柳界でも非常に勢いがあった。 そこから縮緬浴衣の揃いを深川仲町呉 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 質屋庫(質屋蔵)

Sponsored Link 横町の質屋の蔵に毎夜化け物が出るという近所のうわさ …

放送禁止housoukinsi
八九升(はっくしょう) 放送禁止落語

八九升(はっくしょう)は、古典落語の演目の一つ。 わかりやすい、典型的な滑稽噺で …