【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂文楽(八代目) 按摩の炬燵

      2014/02/19

Sponsored Link

あらすじ

冬の寒い晩、出入りの按摩(あんま)に腰を揉ませている、ある大店の番頭。
「年を取ると寒さが身にこたえる」とこぼすので、按摩が
「近ごろは電気炬燵という、けっこうなものが出てきたのに、おたくではお使いではないんですかい」
と聞くと
「若い者はとかく火の用心が悪いから、店を預かる者として、万一を考えて使わない」と、いう。

番頭は下戸なので、酒で体を温めることもできない。
按摩は同情して、
「昔から生炬燵といって、金持ちのご隠居が、十代の女の子を二人寝かしておいて、その間に入って寝たという話があるが、自分は、酒は底なしの方で、酔っていい心持ちになると、からだが火のように火照って、十分その生炬燵になるから、ひとつ私で温まってください」と、申し出た。

「いくらなんでもそれは」と遠慮しても、
「ぜひに」と言うので、番頭も好意に甘えることにし、按摩にしこたま飲ませて、背中に足を乗せて行火(あんか)代わり。
おかげで、番頭は気持ちよさそうに寝入ってしまう。

ところが、ようすを聞いた店の若い連中が、我も我もと押し寄せたから、さあ大変。
ぎゅうぎゅう詰めで、我先にむしゃぶりついたから、そのうるさいこと。

歯ぎしりする奴やら寝言を言う奴やらで、さすがの「生炬燵」もすっかり閉口。
そのうち、十一になる丁稚(でっち)の定吉が、活版屋の小僧とけんかしている夢でも見たか、大声で寝言を言ったので、
「ああ、かわいいもんだ」を、思わず「しっかりやれ」と、ハッパをかけたのが間違いのもと。

定吉、夢の中で
「何を言ってやがる。まごまごしやがると小便をひっかけるぞ」と叫ぶが早いか、本当にやってしまった。

おかげで「炬燵」の周りは大洪水。番頭も目を覚まし、布団を替えたり寝巻きを着替えたりで、大騒ぎ。

「せっかく温まったところを、定吉のためにまた冷えてしまった。気の毒だが、もういっぺん炬燵になっとくれ」

「もういけません。今の小便で火が消えました」

Sponsored Link

 - 桂文楽(八代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂文楽(八代目) かんしゃく

『かんしゃく』は落語の演目。 三井財閥の一族で実業家・劇作家の益田太郎冠者が初代 …

■桂文楽(八代目)悋気の火の玉

原話は、天保3年(1833年)に出版された桜川慈悲成の笑話本『延命養談数』の一編 …

■桂文楽(八代目) つるつる

ころは大正。 吉原の幇間・一八は、副業に芸者置屋を営む師匠の家に居候している。 …

■桂文楽(八代目)松山鏡

松山鏡(まつやまかがみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、古代インドの民間説話を …

■桂文楽(八代目)富久

あらすじ 久蔵は腕の良い幇間だが、酒癖が悪くて贔屓をみんなしくじって、日本橋の竈 …

桂文楽(八代目)小言幸兵衛

プロフィール 8代目桂 文楽(かつらぶんらく、1892年(明治25年)11月3日 …

■桂文楽(八代目)素人鰻(うなぎ屋)

素人鰻(しろうとうなぎ)は、落語の演目名。 八代目桂文楽の至芸が知られる。 原話 …

■桂文楽(八代目) 明烏【十八番】

[文楽十八番] あらすじ 異常なまでにまじめ一方と近所で評判の日本橋田所町・日向 …

桂文楽(八代目) よかちょろ

●あらすじ 若だんなの道楽がひどく、一昨日使いに行ったきり戻らないので、だんなは …

桂文楽(八代目)やかん泥

あらすじ 泥棒の新米さん、ガス灯がついて戸締りがしていない建物を西洋館と間違えて …