【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂文楽(八代目) 悋気の火の玉

      2014/02/23

Sponsored Link

原話は、天保3年(1833年)に出版された桜川慈悲成の笑話本『延命養談数』の一編「火の玉」。
安永ごろ、吉原遊郭の上総屋の主・逸磨の妻と妾の間に起きた騒動が、この物語の源泉だといわれている。
「嫉妬」の感情を、苦笑とともに認めて、なおかつ茶化す落語。

あらすじ

浅草花戸川の鼻緒問屋・立花屋の主は名代の堅物だったが、仲間の寄り合いで吉原に行くうち、すっかりはまり込んでしまった。
主は、毎日のように遊びに行くようになってしまう。
支払いが大変なので、馴染みとなった花魁を身請けして、根岸に妾宅を造って住まわせることにした。

主は月の内、本宅に二十日、妾宅に十日止まるようになる。妾ができたことを知った本宅の妻はふてくされる。
「お茶を入れてくれないかな?」
「お茶? あたしの入れたお茶じゃ、おいしくないでしょ」

この調子に嫌気が差した主は、妾宅に二十日、本宅に十日泊まるようになってしまう。
そうなると妻は激怒する。女中に五寸釘を買ってこさせ、神社の杉の木に藁人形を打ち付け始めた(丑の刻参り)。
この噂が根岸の妾の耳に入ると、
「生意気じゃないか! あたしが旦那に来てもらってる訳じゃないんだよ。旦那の方があたしに惚れてるんだ!」

妾は妻より一寸長い六寸釘で呪い出した。こうなると競争になってしまい、七寸、八寸、九寸……。
それぞれの呪いが成就したのか、同じ日の同じ時刻に本宅の妻も根岸の妾も急死。
主は一遍に二つも葬式を出すことになってしまった。その後、以下のような噂が、立花屋の周辺でささやかれるようになった。

「毎晩、立花屋の蔵から陰火が上がり、根岸の方へと飛んでいく。一方、根岸の方からも陰火が上がり、花川戸へ。二つの火の玉は大音寺でガチーン」

怖くなり、商売にも差しつかえると考えた主は、谷中の木蓮寺で和尚をしている主の伯父にお経をあげてもらい、陰火を成仏させてもらうことに決めるが、ある朝やってきた和尚が、主に次のように提案した。

「あの陰火は、そもそもお前さんを挟んでの悋気(嫉妬)から生まれたものだ。だからそれを消すには、お前さんが飛んできた両方を優しくなぐさめて、そのあとからお経をあげれば成仏すると思うんだが」

九つの鐘(深夜0時ごろ)を合図に、主と和尚は大音寺へとやって来た。
主はキセルでタバコが吸いたくなるが、火打石を忘れた。
和尚は火を持っていない。我慢しながら切り株に腰かけて待っていると、根岸から陰火が上がり、こちらに向かってフワフワフワフワ……。

「あれがお妾さんの火の玉だ」
「なるほど、おい! おい!」

主が声をかけると、陰火はスーッと寄ってきて、主の前でピタリと止まった。
主はおそるおそる話しかけてみる。

「待ってましたよ。出てくるお前さんの気持ちもわかるが、困るんだ……そうだ、お前の火でタバコを」
着火したタバコをふかしながら妾の陰火を説得していると、花戸川の本宅から陰火が上がり、こちらへ向かってものすごい勢いでビューッ!!

「あれが奥さんの陰火だな」
「凄い……よく来た。お前さんに、ぜひ謝りたいと思っていたんだよ。でも、その前にもう一服……」

主が妻の陰火にキセルの先を近づけると、スッと避けて、

「フン、あたしの火じゃ、おいしくないでしょ」

Sponsored Link

 - 桂文楽(八代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 夢の酒

夢の酒(ゆめのさけ)は古典落語の演目の一つ。別題は『夢の悋気』。 原話は、安永3 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 心眼

横浜から顔色を変えて梅喜(ばいき)が歩いて帰ってきた。聞くと弟に「穀潰しの、ど盲 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
桂文楽(八代目)/しびん(花瓶)

しびんは古典落語の演目の一つ。原話は、宝暦13年(1763年)に出版された笑話本 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 富久

あらすじ 久蔵は腕の良い幇間だが、酒癖が悪くて贔屓をみんなしくじって、日本橋の竈 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 素人鰻(うなぎ屋)

素人鰻(しろうとうなぎ)は、落語の演目名。 八代目桂文楽の至芸が知られる。 原話 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目)  明烏

) 文楽十八番 あらすじ 異常なまでにまじめ一方と近所で評判の日本橋田所町・日向 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
桂文楽(八代目) 星野屋

Sponsored Link 旦那は弁天山の下の茶店「すずし野」のお花を世話して …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 按摩の炬燵

あらすじ 冬の寒い晩、出入りの按摩(あんま)に腰を揉ませている、ある大店の番頭。 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 大仏餅

大仏餅(だいぶつもち)は古典落語の演目の一つ。 大看板、三遊亭圓朝の創作落語(三 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …