【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂歌丸 城木屋

      2015/04/12

Sponsored Link

Sponsored Link

あらすじ

お客様からもらった題名の『伊勢の壺屋の煙草入れ』、『東海道五十三次』は当時の人は周知の事実。
『江戸一番の評判の美人』は誰にするかで迷ったが、日本橋新材木町二丁目に、城木屋正左衛門の一人娘”お駒”さんと言う大変な美人がいました。
そのお駒さんにして、噺が始まります。

『江戸一番の評判の美人』がいる城木屋のお駒さん。その城木屋の一番番頭に丈八さんがいた。
この丈八さんはお駒さんと対照的に一点非の打ちどころが無い醜男であった。そこまで言うかと言う程、上から下まで良いところがなかった。

その丈八さんが、江戸一番の美女に恋い焦がれてしまった。当時は主従の間違いは御法度であった。
廊下ですれ違うと、お駒さんの袖を引いたりしたが、お駒さんは丈八のどこも嫌いであった。嫌だとハッキリ言えば良かったが、大店のお嬢さん、気にも留めず無視をしていた。”振られれば振られる程燃え上がる火事場の纏”状態に丈八さんはなっていった。ある時、袂に恋文を投げ込んだが、お駒さんは無視をしていたが、母親がそれを見つけた。下品な言葉が並んでいた。

番頭の丈八を母親は部屋に呼び出した。
「この付け文は何なのですか。これは貴方が書いたとは思えません。誰かが貴方を陥れようと企んだものです。でも、それは貴方にスキがあるからで、今後は注意をしてください。」
と、丈八は真綿で首を絞められるようであった。それ以来、みんなが知るところとなって、振られ番頭、バカ番頭と罵られるようになってしまった。

丈八の心まで曲がって、店の手文庫から100両の金を盗んで、生まれ故郷の駿河の”府中”に逃げてしまった。
金が無くなってきたとき、お駒さんが婿を取ると噂が聞こえてきた。

二人で死んだら心中と噂になるであろうと、江戸に出てきて安物の刀を手に入れ、お駒さんの寝所に忍び込んだ。寝顔が綺麗であった。
お駒さんが気が付いて「泥棒~っ!」と叫んだ。刀を布団に刺したが、お駒さんを外して根田まで突き通して抜けなくなってしまった。
店中で「泥棒だ~」と騒がしくなって、丈八はそのまま逃げ出した。
あとに残ったのは、刀と落ちていた丈八お気に入りの『伊勢の壺屋の煙草入れ』であった。

奉行所に届け出て、丈八御用となった。
丈八を取り調べるのは、ここでも名奉行の大岡越前。
越前から、この一件は事実かと聞かれ、否認する丈八。
付け文、刀、伊勢の壺屋の煙草入れを証拠に突きつけられ、100両盗んだ上にお駒さんを殺害するとは不届きであると、キツクとがめられた。

「白状申し上げます。お嬢様の事は、もう~『東海道五十三次』より思い詰めたことでございます。花の下も日本橋、お駒さまの色品川に迷い、川崎ざきの評判にもあんな女を神奈(かんな)川に持ったなら、さぞ程もよし保土ヶ谷と、戸塚まえてくどいてみたが頭(かぶり)も藤沢、平塚ぬ間も大磯っと婿話。どうかこの事が小田原になればよいと、箱根の山ほど夢にも三島、たとえ沼津、食わずにおりましても原は吉原、いまいましいと蒲原立てても、口には由比かね、寝つ興津、江尻もじりいたしておりました。」

越前「これこれ、東海道を仔細にわたって申し述べたな。してその方の生れは……」

丈八「駿河の御城下でございます。」

越前「府中(不忠)ものめが」

Sponsored Link

 - 桂歌丸 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂歌丸utamaru
桂歌丸 おすわどん

江戸時代、下谷の阿部川町に呉服商の上州屋徳三郎さんが住んでいた。女房おそめと大変 …

桂歌丸utamaru
桂歌丸 長命(短命)

あらすじ ご隠居のところに八五郎が訪れて、三度死んだ伊勢屋の旦那の葬式の手伝いだ …

桂歌丸utamaru
桂歌丸 いが栗

あらすじ 昔は栗のいがを天井のすき間や、梁の所へ置いてねずみ除けにしました。 江 …

桂歌丸utamaru
■桂歌丸 お茶汲み
桂歌丸utamaru
桂歌丸 後生鰻

桂歌丸(かつら うたまる、1936年〈昭和11年〉8月14日 – 2 …

桂歌丸utamaru
■桂歌丸 双蝶々~雪の子別れ

Sponsored Link あらすじ 湯島大根畑の八百屋の長兵衛の子長吉は、母 …

桂歌丸utamaru
桂歌丸 つる
桂歌丸utamaru
■桂歌丸 竹の水仙