【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目) 肝つぶし

      2014/06/15

Sponsored Link

『肝つぶし』(きもつぶし)は、上方落語の演目の一つ。主な噺家は二代目桂ざこば、六代目三遊亭圓生などがいる。

あらすじ

ある男が病気で臥せっている。
その男の兄貴分が病床を訪れ容態を尋ねる。
実はその男、夢の中に現れた娘に恋煩い。
兄貴分、夢の中の娘ではしょうがない、とにかく元気を出すようと励まし、帰ろうとするところに医者が訪れる。
兄貴分が笑いながら恋煩いの話をすると、医者は深刻な表情で、
「この病は恐ろしく、亥の年、亥の日、亥の刻に生まれた人間の生き胆を薬として飲ませなければ死んでしまう」と告げる。
兄貴分、長屋に帰ると奉公に出ている妹が訪れている。
ひさしぶりに休みが取れたので、明日朝早く芝居見物にいくから今晩泊めてくれとのこと。
兄妹で酒を酌み交わし、妹の年齢を尋ねるとなんと亥の年、亥の日、亥の刻生まれ。
兄貴分は因縁を悟る。
もともとこの兄妹は両親に早く先立たれ、病の男の父に育てられたのである。
大恩ある義理の父もいまはこの世になく、恩を返すにはなんとしても病の男を治すしかない。
兄貴分は寝入った妹に包丁を突きつけるが、こぼした涙で妹は目覚めてしまう。
「ああ、肝がつぶれた」
「肝がつぶれた? もう薬にならない」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)洒落小町

★聴き比べ ⇒ 立川談志 洒落小町 ガチャガチャのお松とあだ名される騒々しい女房 …

【リレー落語】三遊亭圓生~林家正蔵【真景累ヶ淵】
■三遊亭圓生(六代目) 百年目

あらすじ 大店(おおだな)の旦那は番頭に店を任せて商売には口を出さないと言うのが …

■三遊亭圓生(六代目) 寝床

蜀山にも皮肉られたほど、明治・大正の頃大変素人義太夫が盛んになった。 定吉に命じ …

三遊亭圓生(六代目)永代橋(武兵衛ちがい)

江戸期から高座にかかる生粋の江戸落語なのですが、現代では、あまり高座にかからない …

三遊亭圓生(六代目)五人廻し

江戸で安直に遊べる遊郭では、廻しと言って花魁は一夜に複数の客を取った。お客もそれ …

■三遊亭圓生(六代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三遊亭圓生(六代目)紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。原話は、松浦静山が文政4年(1821年) …

三遊亭圓生(六代目)花筏

相撲の親方が、銚子の祭相撲に人気力士の花筏を出す契約をしたが、花筏が病気のため、 …

三遊亭圓生(六代目) 松葉屋瀬川(傾城瀬川)