【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 蜀山人(しょくさんじん)

   

Sponsored Link

蜀山人こと大田 南畝

大田 南畝(おおた なんぽ、寛延2年3月3日(1749年4月19日) – 文政6年4月6日(1823年5月16日))は、天明期を代表する文人・狂歌師であり、御家人。
勘定所勤務として支配勘定にまで上り詰めた幕府官僚であった一方で、文筆方面でも高い名声を持った。
膨大な量の随筆を残す傍ら、狂歌、洒落本、漢詩文、狂詩、などをよくした。
特に狂歌で知られ、唐衣橘洲(からころもきっしゅう)・朱楽菅江(あけらかんこう)と共に狂歌三大家と言われる。
南畝を中心にした狂歌師グループは、山手連(四方側)と称された。
名は覃(ふかし)。字は子耕、南畝は号である[2]。通称、直次郎、のちに七左衛門と改める。
別号、蜀山人、玉川漁翁、石楠齋、杏花園、遠櫻主人、四方山人。
狂名、四方赤良。また狂詩には寝惚先生と称した。法名は杏花園心逸日休。

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 長屋の花見(貧乏花見)

あらすじ 家主が呼んでいるというので、長屋の連中が店賃の催促かとびくびくしながら …

■立川談志 寝床
立川談志 慶安太平記~幕開き
立川談志 短命(長命)

あらすじ 大店の伊勢屋の養子が、来る者来る者たて続けに一年ももたずに死ぬ。 今度 …

立川談志 ぞろぞろ(1983年)

演目:『ぞろぞろ』について http://rakugo-channel.tsuv …

立川談志/馬の田楽(うまのでんがく)

あらすじ 頼まれた味噌の荷を馬に積んで三州屋という酒屋に来た男。 いくら呼んでも …

立川談志 五人廻し

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人のおいらんが一晩に複数の客をとり …

立川談志/へっつい幽霊
立川談志 木乃伊取り

あらすじ 集金の金を持って若旦那が2~3日帰ってこなかった。 調べると吉原の角海 …

■立川談志 勘定板

ハバカリの無い村があった。山奥のまたその山の向こうに海岸が有って、ま、不思議な所 …