【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 宿屋の仇討

   

Sponsored Link

)

あらすじ

宿に泊まった三人組が、飲めや歌えで騒いでいると、隣の侍が若いしの伊八を呼びつけ静かにするように命じる。
いったんは静まるが、すぐに寝床の中で相撲をとって騒ぐ。

再び、伊八が呼ばれる。三人は寝床で静かに話をすることにする。
源兵衛は、以前、侍の女房とデキてしまい、侍の女房と弟を斬り、三百両を盗んで今に至ると話す。源兵衛は色事師、色事師は源兵衛と残る二人が騒ぐ。
伊八が再び呼ばれ、隣の源兵衛は女房と弟の敵で、明日まで逃がすなと命じられる。

実はこの話、小料理屋で他の男がひけらかしていたのを源兵衛がそのままいただいたというがもう遅い。
三人と宿屋中が生きた心地しない。翌朝、侍はそのまま立とうとするので、仇の一件はと聞くと
「あれは座興だ」

「何でそんなくだらないことをおっしゃったんで。」

「あのくらいに申しておかんと拙者のほうがよっぴて寝られん」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志/明烏

あらすじ 遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と …

立川談志 ~ 桑名舟(桑名船)/二人旅(ににんたび)

古典落語の演目のひとつ。 上方では「桑名舟」は「巌流島」を指すため、「兵庫舟」と …

立川談志 猪買い(ししかい)

最近、冷の病で具合の悪い八っつあん。近所のご隠居を訪ねると、「冷えの病はひどくな …

立川談志 五人廻し

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人のおいらんが一晩に複数の客をとり …

立川談志 あくび指南
立川談志/がまの油(蝦蟇の油)
立川談志/浮世根問
立川談志 つるつる

談志師匠の『つるつる』 一八は、芸者のお梅という女性に、3年も4年も惚れ続けてい …

立川談志 文七元結*
立川談志/居残り佐平次