【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 宿屋の仇討

   

Sponsored Link

)

あらすじ

宿に泊まった三人組が、飲めや歌えで騒いでいると、隣の侍が若いしの伊八を呼びつけ静かにするように命じる。
いったんは静まるが、すぐに寝床の中で相撲をとって騒ぐ。

再び、伊八が呼ばれる。三人は寝床で静かに話をすることにする。
源兵衛は、以前、侍の女房とデキてしまい、侍の女房と弟を斬り、三百両を盗んで今に至ると話す。源兵衛は色事師、色事師は源兵衛と残る二人が騒ぐ。
伊八が再び呼ばれ、隣の源兵衛は女房と弟の敵で、明日まで逃がすなと命じられる。

実はこの話、小料理屋で他の男がひけらかしていたのを源兵衛がそのままいただいたというがもう遅い。
三人と宿屋中が生きた心地しない。翌朝、侍はそのまま立とうとするので、仇の一件はと聞くと
「あれは座興だ」

「何でそんなくだらないことをおっしゃったんで。」

「あのくらいに申しておかんと拙者のほうがよっぴて寝られん」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志/持参金

持参金(じさんきん)は、落語の演目の一つ。落語によくある、結婚がらみの話ではある …

立川談志/疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

立川談志/三方一両損

左官金太郎が3両拾い、落とし主の大工吉五郎に届けるが、吉五郎はいったん落とした以 …

立川談志/浮世根問
立川談志 姫かたり

姫かたり(ひめかたり)は古典落語の演目の一つ。 主な演者として、5代目古今亭志ん …

立川談志 大工調べ
■立川談志/黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

立川談志/明烏

あらすじ 遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と …

■立川談志/金玉医者(きんたまいしゃ)

金玉医者は、古典落語の演目のひとつ。 「顔の医者」「すが目」「頓知の医者」「皺め …

■立川談志 松曳き

※29:07~野ざらし 『松曳き』(まつひき)は古典落語の演目の一つ。 主な噺家 …