【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂文朝 熊の皮

      2014/06/09

Sponsored Link

あらすじ

横町の医者から、祝い事があったからと、赤飯が届けられた。
その礼に行かなければということで、少し人間のネジがゆるみ加減の亭主の甚兵衛に、女房が口上を教える。

「うけたまわれば、お祝い事がありましたそうで、おめでとう存じます。お門多のところを、手前どもまで赤飯をちょうだいしまして、ありがとう存じます。女房からくれぐれもよろしく申しました」

「おまえさんはおめでたいから、決して最後のを忘れるんじゃない。それからあの先生は道具自慢だから、なにか道具の一つも褒めといで」
と注意されて送り出される。

まあ、おなじみの与太郎ほどではないから、「ありがとう存じます」まではなんとか言えたが、肝心の「女房が」以下をきれいに忘れてしまった。

「はて、まだ何かあったみてえだが……」座敷へ上げてもらっても、まだ首をひねっている。
「……えー、先生、なにかほめるような道具はないですか」
「ナニ、道具が見たいか。よしよし、……これはどうだ」
「へえ、こりゃあ、なんです?」
「珍品の熊の皮の巾着だ」
なるほど本物と見えて、黒い皮がびっしりと生えている。
触ってみると、丸い穴が二か所開いている。
鉄砲玉の痕らしい。

甚兵衛、感心して毛をなでまわしている間に、ひょいとその穴に二本の指が入った。

「あっ、先生、女房がよろしく申しました」

Sponsored Link

 - 桂文朝 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂文朝/近日息子(1991)

平成3年1月 TBSラジオ 近日息子(きんじつむすこ)は上方落語の演目の一つであ …

桂文朝/寄合酒(寄り合い酒)
桂文朝 手紙無筆(てがみむひつ)

手紙無筆(てがみむひつ)は、落語の演目の一つである。 三遊亭圓丈は「手紙無筆US …

桂文朝/居酒屋
桂文朝 平林(ひらばやし)

『平林』(ひらばやし)は、落語の演目。 原話は、安楽庵策伝が寛永5年(1628年 …

桂文朝 家見舞い(肥瓶)

昭和53年(1978)4月 池袋演芸場にて あらすじ 借金をしても義理だけは欠か …