【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭円歌(二代目) 馬大屋

      2015/02/19

Sponsored Link

あらすじ

大家・馬場進さんの長屋に借り手がやって来た。
大家は大の馬好きだから、午年以外の借家人は置いていないので、午年の貴方なら借りられるかも知れないと長屋の住人に言われた。
大家は午(うま)年の午の月の午の日、午の刻に南部の馬の生産地で、生まれたと言う。
馬の悪口は決して言ってはいけないと、住人に知恵を付けられ大家の家にやって来た。
大家は入口に馬頭観音を飾り、馬小屋のような玄関の造りになっていた。

Sponsored Link

「私は三十三の午年生まれの者ですが、あすこに空いている一万二千円の家を借りたいのですが……」
手数の掛からないのがやって来たと、中に通された。大家は飼葉桶に灰を入れて火鉢にしていた。

借り手の前職は曲馬団(サーカス)にいた。
その時馬を攻めすぎて、片足が不自由になってしまったが、口の利けない馬をそれ以後は大事にしたと言うと、大家は馬に成り代わってお礼を言うよと、半額の六千円に家賃を負けてくれた。

いままで住んでいたのは、横浜・馬車道に永らくいたが、その後東京・浅草の馬道8丁目、厩橋(うまやばし)と駒形橋の間で焼け出され、練馬の方に引っ越して、叔母さんが日本橋の小伝馬町と馬喰町の間にいて、叔父さんが渋谷の駒沢と上馬にいます。

ここ駒込に引っ越してきたら、馬が揃うが、生まれは何処だと聞かれたので、群馬県の相馬村です。
ところで、好物はと聞かれ、好きな食べ物は人参とウマ煮だ、と答えると、大家は馬肉だという不心得者が居るがとんでもないが、どんなうま煮を食べるのかと問われ、「馬鈴薯です」と答えた。酒は白馬(しろうま=ドブロク)を頂きます。

ところで大家さんの干支は何ですか。午年で婆さんも午年だがどうして?
「午年の大家でないと借りないと言う人間だ」と啖呵を切った。

借りられる事になって、名を聞くと本馬幾造(いくぞう)だと言う。
大家夫婦以上に息子はもっと馬に似ているという。
あまりにも可笑しいので「ひひひ~~~ん」と笑った。
笑い方がイイというので二千円負けてくれた。
息子は競馬の騎手をしているという。

引越の日は午の日に決めて手を打ったが、今の職業はまだ聞いていなかった。
「バケツを作っている」と言う。
「馬力を掛けて作っているので、困る事はない」とも言う。大家は感服して家賃はタダだと言う。

「婆さんや、イイ若い者が来てくれるよ」
「最初から最後まで良く馬を操っていたね」
「それもそのはずだ、前の職業が曲馬団だ」

Sponsored Link

 - 三遊亭円歌(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目) 馬大家

昭和17年(1942)鈴木凸太作 あらすじ  大家・馬場進さんの長屋に借り手がや …

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目) 紋三郎稲荷

あらすじ 導入 人を化かす獣の双璧といえば狐と狸。 しかし、丸々とした風貌からど …

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目) 木炭車

Sponsored Link

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目) てれすこ

Sponsored Link

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目)さんま芝居

五代目柳亭燕路(りゅうていえんじ)作 あらすじ 兄貴との旅から帰ってきた弟分。 …

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目)ふぐ鍋(河豚鍋)

もとは上方落語の『ふぐ汁』

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目)七段目

Sponsored Link

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目) 将門(相馬良門雪夜話)

相馬良門雪夜話(そうまよしかどゆきのよばなし) Sponsored Link

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目) 壺

別題:壷の幽霊。初代林家正楽(一柳金次郎)作。 Sponsored Link

三遊亭円歌(二代目)enka
三遊亭円歌(二代目) 夢の富

Sponsored Link