【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝 お化け長屋

      2014/03/25

Sponsored Link

長屋に一軒の空き家があり、みんなで物置代りに使おうということで、誰かが借りに来たら、一番古株の杢兵衛さんが差配になりすまして怖い話をして追い返すことにした。
話の筋はこうだ。あの空き屋には以前後家さんが一人で住んでいたが、ある夜、強盗が押し入って胸を刺されて、部屋は一面血の海となり、後家さんは殺されてしまった。
それ以来、新しい借り主が住み込むと、三日目の雨の夜に化けて出て来るのだと。
一人目は気弱そうな男で、怪談話をして怖がらせたところで冷たい濡れ雑巾で頬をなでると、驚いて一尺も飛び上がり、財布を落として逃げて行った。
うまくいったと喜んで、二人目にも同じように怪談話をするが、威勢のいい職人でちっとも怖がらない。
逆に面白がって、店賃が只ならすぐに引っ越して来ると言い残して帰っちまった。
「ところで財布を落さなかったかい」
「あれれ、前の財布を持って行っちゃった」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん朝sintyo
■古今亭志ん朝 宗珉の滝(そうみんのたき)

あらすじ 二代目橫谷宗珉の若かりし時の話。 江戸時代腰元彫りの名人橫谷宗珉の弟子 …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 お若伊之助(根岸お行の松 因果塚の由来)

日本橋石町に「栄屋」さんと言う大きな生薬屋さんがあった。 そこの一人娘の”お若” …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 明烏

明烏(あけがらす)は、落語の演目の一つ。 新内節の「明烏夢泡雪」を下敷きにしてお …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 浜野矩隨

★聴き比べ ⇒ 古今亭志ん生 浜野矩隨 Sponsored Link

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 刀屋(おせつ徳三郎)

あらすじ 日本橋横山町の大店の娘おせつ。 評判の器量よしなので、今まで星の数ほど …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 坊主の遊び(剃刀)

あらすじ せがれに家を譲って楽隠居の身となったある商家のだんな、頭を丸めているが …

古今亭志ん朝sintyo
■古今亭志ん朝 もう半分

「もう半分」(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話。別名「五勺酒」。 主な …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 碁泥(碁どろ)
古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 茶金(はてなの茶碗)

あらすじ 江戸出身の油屋が、清水の茶店で、有名な道具屋の茶金さんが店の湯飲をまじ …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 真景累ヶ淵

あらす じ 1793年、根津七軒町に住む富本の師匠豊志賀は、出入りの煙草屋新吉と …