【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■立川談志 勘定板

      2014/04/27

Sponsored Link

ハバカリの無い村があった。山奥のまたその山の向こうに海岸が有って、ま、不思議な所があるものですが、その海岸に杭が打ってあって、紐の先に板がくくり付けられていた。便所に行きたいときは引き寄せてその板の上に用を足して、海にもどした。この村では上から食べて下から出すから勘定すると言って、その板を勘定板と呼んでいた。

その村人が江戸見物に出てきた。宿に入ったが仲間の一人が顔色が悪い。
勘定ぶちたいが、ここは江戸だから海も無いし仕方も分からない。
番頭を呼んで聞いてみることにした。

「相棒が顔色悪く、勘定が溜まっているので勘定をぶちたい」
「お発ちですか」
「いや、今朝来たばかりで10日程世話になる」
「それでは、お帰りの時まとめてくれれば、それでイイですよ」
「なに、10日もまとめるか。田舎にいたときは毎日勘定していた」
「お堅い事で」
「堅いか柔らかいかは分からない。毎日勘定ぶったらいけないか」
「毎日というと、私らが面倒になります」
「そっちが面倒でも、こっちはぶたせてもらう」
「分かりました。ではどうぞ。ここでおやんなさい」
「勘定板を持ってこい」。

番頭だから気が利きすぎていた。
勘定と言うからソロバンのことだと思った。昔のソロバンは裏に板が張ってあった。間違えるときは仕方が無いもんで…。

「これにどうぞ」
「板が細いがこぼれないか」
「ここからはみ出る勘定を私は見たことがございません」
「勘定が出来たらどうする」
「お手を叩いていただけたら、私が取りに伺います」
「勘定場に連れて行って欲しい」
「今、帳場が混み合っていますから、ここでどうぞ。床の間の前でも、日当たりの良い廊下でも、どうぞお好きな所で」
「では、廊下でしよう」。

ソロバンを裏側にしてまたごうとしたが、羽織の裾が引っかかってソロバンがゴロゴロゴロと転がり始めた。
「お~う、見ろや。江戸は重宝だ、勘定板が車仕掛けになっとる」。

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志/黄金の大黒(きんのだいこく)

長屋の子供達が普請場で遊んで地面を掘っていると金無垢の大黒像が出て来た。 年の瀬 …

立川談志/ぞろぞろ(1969年)

7代目(ただし自称5代目)立川 談志(1936年〈昭和11年〉1月2日 &#82 …

■立川談志/黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

立川談志 蜀山人(しょくさんじん)

蜀山人こと大田 南畝 大田 南畝(おおた なんぽ、寛延2年3月3日(1749年4 …

■立川談志/お化け長屋

1985年 東陽町・寄席若竹にて

立川談志/道灌

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …

立川談志 ろくろ首(ろくろっ首)

ろくろ首(ろくろくび)は、古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の演目で、幕末か …

■立川談志 紺屋高尾

あらすじ 神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。 話 …

立川談志 淀五郎

あらすじ どの社会でも頭抜けるというのは容易な事ではありません。 四代目市川団蔵 …

立川談志/文七元結