【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂三木助(三代目) 三井の大黒

      2014/06/09

Sponsored Link

三井の大黒(みついのだいこく)は落語の演目の一つ。名人と呼ばれた大工・左甚五郎を主人公とした噺である。三代目桂三木助、六代目三遊亭円生が得意とした。

あらすじ

江戸の神田八丁堀。大工が作業をしているところに半纏を着た男が現れ、大工の仕事ぶりにけちをつけた。男は怒った大工たちに暴行を受けた。棟梁・政五郎が仲裁して男にたずねると、男は西の国の番匠(ばんじょう、大工の意)だ、という。男は気に入られ、棟梁の居候となった。
男は不思議な受け答えばかりをし、ぼうっとしたところがあった。さらに「殴られた拍子に自身の名前を忘れてしまった」というので、若い大工たちに「ポン州」(または「ぬうぼう」)というあだ名を与えられた。
「ポン州か。ポン州は大好きだ。わしゃ、一度ポン州になりたかった」
「おい本当かよ。この野郎ポン州でいいとよ。じゃあおい、ポン州!」
「あいよ」
「あ、返事してやがる」
板を削る下働きを担当することになったポン州は、3時間ずっとカンナを砥いでいた。
ようやく削った2枚の板を重ねると、板はぴったりと重なり、若い大工が力を込めても一向にはがれない。
「無理にしようものなら、間から火が出て火傷をするよ」驚く大工たちを尻目に、ポン州は棟梁の家に帰ってしまった。
このことを知った棟梁は、客人に失礼だ、として大工たちを叱りつけ、ポン州に「機嫌が治るまで毎日寝たり起きたりしてくれればいい」と声をかけた。ポン州はこれ以後、本当に何もしないで棟梁宅の二階にゴロゴロし続けた。棟梁の妻は「なんとかしておくれよ。『晩飯のおかずは何だ。今日もシャケか』ってさ。腹が立つじゃないか。お前さん、たたき出しとくれよ」と不満をこぼす。
江戸の大工は、歳の市(年末の縁日)向けに端材で生活用品などを作って小遣い稼ぎにする。棟梁はポン州に「西の大工は彫り物が得意と聞く。何か一つ飾りか置物を作って見たらどうだい」とすすめた。素直に応じたポン州は二階で食事も睡眠も取らず、一心不乱に何かを作る。数日後、ポン州は小僧に手紙を持たせてどこかに使いにやらせ、「湯に行ってくる」と出かける。
好奇心にかられてポン州の部屋に入った棟梁は、大黒の像を見つけた。大黒はにこやかに微笑む顔に、部屋に差しこんだ日の光を受け、生きているかのようであった。
そこへ駿河町の三井の本店から使いが来て、「そちらに飛騨高山の棟梁、左甚五郎先生は御在宅では」と言う。さては、とすべてを察した棟梁のもとに、ポン州が帰ってくる。棟梁が問いただすと「いかにも」と正体を明かす。実は阿波の名工・雲慶が三井のために恵比寿像を彫ったので、二神像として対になるように大黒を彫りに来てくれ、と三井から招きを受けて江戸に来た甚五郎が、たまたま棟梁の家に転がり込んできたというわけであった。甚五郎は棟梁に、世話になった礼だ、と三井からの礼金を渡した。
三井の使いが「阿波の雲慶先生には恵比寿様に『商いは濡れ手であわのひとつかみ』という句をいただきました(「濡れ手で粟」とは苦せず利益を得るという意味のことわざ。そして「粟」と「阿波」、「一掴み」と「一つ神」がかかっている)。
つきましては先生の大黒様にも下の句をつけていただけませんでしょうか」と願うので、甚五郎が「どれどれ、面白くはないが一つつけさせていただこう。」とすらすらと短冊に書いたのが「守らせたまえ二つかみたち(恵比寿に大黒が加わるので「二つ神」。上の句と同じ掛け方で「二掴み」とし、さらなる商売繁盛の祈願ともなる)」。

うんちく

江戸には蠣殻町という町があります。もちろん現在もありますが、ここはもと魚河岸のあったところで蠣の殼をたくさん捨てました。江戸では贅沢だというので、町家が屋根を瓦で葺くことを禁じられていたのですが、あまり大火が重なるので幕府は藁葺屋根を禁じました。
それでいておかしなことに瓦屋根は許されなかったため、蠣殻で葺くことにしました。
その材料を集めたところというので蠣殻町と呼ばれるようになったのかもしれません。手軽でしかも促成がきく建て方で、とても宮大工の出る幕じゃァありません。

昭和35年(1960)年11月30日、小さん・文楽・圓生・志ん生が居並ぶ超豪華版の第28回東横落語会で、すでに末期ガンで正座もできず余命わずか47日の瀕死の中、病人三木助は釈台にとりすがって「掌中の玉」と慈(いつく)しんだ名品をこの最期の高座にのせた。その時演じたのも“三井の大黒”であった。[橘左近談]

Sponsored Link

 - 桂三木助(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂三木助(三代目)mikisuke
桂三木助(三代目) 御神酒徳利

※途中、録音状態が悪い部分があります。 Sponsored Link

桂三木助(三代目)mikisuke
桂三木助(三代目) ざこ八(先の仏)

あらすじ 歳の頃三十二、三のいい男で道中の陽焼け跡がくっきりと見え、振り分け荷物 …

桂三木助(三代目)mikisuke
桂三木助(三代目) 長短

気の長い長さんと、むやみに気短な短七の二人は幼なじみ。 性格が正反対だが、なぜか …

桂三木助(三代目)mikisuke
桂三木助(三代目)さんま火事

昭和31年(1956年)9月の音源 初代林家正楽(一柳金次郎)作 長屋の愉快な連 …

桂三木助(三代目)mikisuke
桂三木助(三代目) 人形買い

Sponsored Link 長屋の神道者の赤ん坊が初節句で、ちまきが配られたの …

桂三木助(三代目)mikisuke
桂三木助(三代目) 火事息子

あらすじ 神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の …

桂三木助(三代目)mikisuke
桂三木助(三代目) ねずみ

落語「ねずみ」 江戸に下り、大工、政五郎の家に居候していた左甚五郎が、奥州の旅に …

桂三木助(三代目)mikisuke
桂三木助(三代目) 芝浜

『芝浜』(芝濱、しばはま)は古典落語の演目の一つ。 三遊亭圓朝の作とされるが不確 …

桂三木助(三代目)mikisuke
桂三木助(三代目) 鉄拐

鉄拐(てっかい)は落語の演目の一つ。原話は、文化年間に桜川慈悲成が出版した笑話本 …