【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

春風亭柳橋(六代目) 猫久(ねこきゅう)

      2014/05/05

Sponsored Link

長屋に住む行商の八百屋・久六は、性格がおとなしく、怒ったことがないところから「猫久」、それも省略して、猫、猫と呼ばれている。
その男がある日、人が変わったように真っ青になって家に飛び込むなり、
女房に「今日という今日はかんべんできねえ。相手を殺しちまうんだから、脇差を出せッ」と、どなった。
真向かいで熊五郎がどうなるかと見ていると、かみさん、あわてて止めると思いの外、押入れから刀を出すと、神棚の前で、三ベン押しいただき、亭主に渡した。
「おい、かかァ、驚いたねえ。それにしても、あのかみさんも変わってるな」
「変わってるのは、今始まったことじゃないよ。亭主より早く起きるんだから。井戸端で会ってごらん『おはようございます』なんて言やがるんだよ」
「てめえの方がよっぽど変わってらァ」とつぶやいて、熊が床屋に行こうとするとかみさんが
「今日の昼のお菜はイワシのぬたなんだから、ぐずぐずしとくと腐っちまうから、早く帰っとくれ。イワシイワシッ」と、がなりたてる。

「かかァの悪いのをもらうと六十年の不作だ」と、ため息をついて床屋に行くと、今日はガラガラ。
親方に猫の話を一気にまくしたてると、側で聞いていたのが五十二、三の侍。
「ああ、これ町人、今聞くと猫又の妖怪が現れたというが、拙者が退治してとらす」と、なにか勘違いをしているようす。
熊が、実は猫というのはこれこれの男手、と事情を話すと「しかと、さようか。
笑ったきさまがおかしいぞ」急にこわい顔になって「もそっと、これへ出い」ときたから、熊五郎はビクビク。

「よおっく承れ。日ごろ猫とあだ名されるほど人柄のよい男が、血相を変えてわが家に立ち寄り、剣を出せとはよくよく逃れざる場合。また日ごろ妻なる者は夫の心中をよくはかり、これを神前に三ベンいただいてつかわしたるは、先方にけがのなきよう、夫にけがのなきよう神に祈り夫を思う心底。見共にも二十五になるせがれがあるが、ゆくゆくはさような女をめとらしてやりたい。後世おそるべし。貞女なり孝女なり烈女なり賢女なり、あっぱれあっぱれ」

熊、なんだかわからないが、つまり、いただく方が本物なんだと感心して、家に帰る。
とたんに「どこで油売ってたんだ。イワシイワシッ」とくるから、こいつに一ついただかしてやろうと、侍の口調をまねる。

「男子……よくよくのがれ……のがれざるやとけんかをすれば」「ざる屋さんとけんかしたのかい」
「夫はラッキョ食って立ち帰り、日ごろ妻なる者は、夫の真鍮磨きの粉をはかり、けがのあらざらざらざら、身共にも二十五になるせがれが」
「おまえさん、二十七じゃないか」
「あればって話だ。オレが何か持ってこいって言ったら、てめえなんざ、いただいて持ってこれめえ」
「そんなこと、わけないよ」言い合っているうち、イワシを本物の猫がくわえていった。
「ちくしょう、おっかあ、そのその摺粉木(すりこぎ)でいいから、早く持って来いッ。張り倒してやるから」

「待っといでよう。今あたしゃ(摺粉木を)いただいてるところだ」

Sponsored Link

 - 春風亭柳橋(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目)岸柳島(巌流島)

岸柳島(がんりゅうじま)は古典落語の演目の一つ。 「巌流島」とされる事もある。原 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
■春風亭柳橋(六代目) 蒟蒻問答(こんにゃくもんどう)

あらすじ 上州の六兵衛という蒟蒻屋のところに居候している八五郎。 調子もすっかり …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目) 高砂や

かつては8代目春風亭柳枝や、6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
★春風亭柳橋(六代目)子別れ(上・下)
春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目) 支那そば屋(うどん屋改作)

落語 「支那そば屋」 春風亭柳橋(六代目) うどん屋の改作 大正3年の二代目柳家 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目) 掛け取り新戦術

6代目春風亭 柳橋(しゅんぷうてい りゅうきょう、明治32年(1899年)10月 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
■春風亭柳橋(六代目) 蒟蒻問答
春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目)目黒のさんま

昔の御身分の高い方々は、下々の庶民の生活はご存じありません。 ですから常々少しで …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目) 花見酒

”酒が無くてなんの桜かな”と言われるように、花見には酒が付き物です。 「向島に花 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目)野ざらし/掛け取り早慶戦/音楽会/サーカス奇聞人造ライオン

落語 春風亭柳橋 SP原盤四席 00′00″~ 野ざらし 06′40″~ 掛け取 …