【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓窓(六代目) 鼓が滝

   

Sponsored Link

有馬温泉の近くにある鼓が滝へやってきた旅人は、絶景を前にして筆をとり、一首詠んだ。
伝え聞く 鼓が滝へ 来てみれば 沢辺に咲きし たんぽぽの花そのあと、松の根方でひと寝入り。

やがて、目を覚まし、歩きだしたが山道に迷ってしまう。疲れと空腹で、野垂れ死に寸前、やっと、見つけた人家で粥を馳走になり、命拾いする。
お礼かたがた、鼓が滝で詠んだ歌を披露すると、その家の三人(じじ・ばば・孫娘)がそれぞれ、褒めながら手直しを言い出す。

内心、腹を立てたが、聞いてみると、音に聞く 鼓が滝を 打ち見れば 川辺に咲きしたんぽぽの花まさに、歌が生まれ変わった。
「ありがとう存じます。あたしは、もと禁裏北面の武士、名を佐藤左衛門尉矩清(さとうさひょうえのじょうのりきよ)。二十三歳の折り、飾りを下ろし、名を西行と改め、歌行脚に出た者にございます」

「おお、西行さんか…。よくぞ、手直しを受けてくれましたな。その素直な心が歌心じゃ」

「はい…。ありがとう、ございます…」

何度も礼を言っていると、他の男の声…。
「これ、起きなはれッ」

目を覚ましてみると、なんと、鼓が滝の前ではないか。夢を見ていたのである。
起こしてくれた山男に夢の話をすると、
「歌詠みは同じような夢を見るようだ。同じ話をよく聞かされる。わしの考えでは、夢の中の三人は住吉明神、人丸明神、玉津島明神の和歌三神ではなかろうか」

「たとえ夢の中とはいいながら、和歌三神に対し、数々の無礼の段。罰が当たりはしないだろうか…」

「その心配はいらねぇ。この滝は(鼓)だ。ばち(罰)は、なしじゃ」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓窓(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) あくび指南(あくびの稽古)

あらすじ あくびの指南所ができたので、熊さんが源さんを連れて習いに行った。 無意 …

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) 鬼の涙

節分の夜、女房のお福は金を借りに歩いたが、駄目で、ほうぼうの家々で蒔いた豆を拾い …

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) 明烏

6代目三遊亭 圓窓(1940年10月3日 – )は、東京都江東区出身 …

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) 写経猿

今から千年前の寛平六(八九四)年。 越後の中条にある乙宝寺の行門和尚が毎朝、本堂 …

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) 叩き蟹

Sponsored Link 江戸の日本橋のたもとに黄金餅という名物を売っている …