【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 和歌三神(わかさんじん)

   

Sponsored Link

俳諧の師匠が、雪が降ったので権助を連れて、向島へ雪見に行く。
酒持参でどこかで飲もうとすると、土手の下で乞食が三人酒盛りをしている。
酒を恵んでやると大喜び。
自分の飲み分が無くなると言う権助をなだめて、したみ酒が無くなった杯に継ぎ足して話を聞くと、
最初の乞食は「名前は安(やす)と言ったがここでは秀(ひで)と名乗っている。そこで安秀と言い、お茶屋さんや料理屋さんの前にある犬の糞を片付けてお金をもらっています。だから糞屋の安秀と言います」、 糞屋の安秀が詠んだ歌は”吹くからに 秋のくさやはさむしろの 肘を枕に 我は安秀”
次の乞食は
「日向で暖ったかな垣根の下で丸くなって寝ているばかりなので、垣根の本(もと)の人丸ってみんなは言います」
垣根の本の人丸は”ほのぼのと あかしかねたる 冬の夜に ちぢみちぢみて 人丸く寝る”と詠んだ。
三人目の乞食は「癩坊(なりんぼう)の平吉と言いますが、平(へい)は”ひら”ですから癩平(なりひら=業平)と言います。」
癩平は”千早ふる 神や仏に見離され かかる姿にわれは業平”と詠んだ。
「ははぁ、なるほどね。おまえさんがたは実に雲の上人(うえびと)、和歌三神ですな」
「いえ、バカ三人でございます」

メモ

「おまえさんがたは雲の上人だね」
「いや、菰(こも)の上人でございます」
とサゲることもある。
志ん生は滅多にやらず、ニッポン放送で一度口演しただけである。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)たがや

たが屋(たがや)は、落語の演目の一つ。原話は不明だが、江戸時代から高座にかけられ …

古今亭志ん生(五代目) 五目講釈

上方では「居候講釈」の演題が使われる。 志ん生は一時、三代目小金井蘆洲(小金井芦 …

古今亭志ん生(五代目) 羽衣の松

あらすじ 人というものは大変なもので、本当の美人は『顔の真ん中に鼻がある』と申し …

古今亭志ん生(五代目)三枚起請(さんまいきしょう)

三枚起請(さんまいきしょう)は古典落語の演目の一つ。 もともとは上方落語で、初代 …

古今亭志ん生(五代目) 穴釣り三次(上・下)*

▼あらすじ▼ 【上】 紙問屋・甲州屋の一人娘お梅が奉公人の粂之助と深い仲になる。 …

古今亭志ん生(五代目) ぼんぼん唄
古今亭志ん生(五代目) 星野屋
【お化け長屋】三遊亭金馬~古今亭志ん生【リレー落語】
古今亭志ん生(五代目) 雪とん

あらすじ 絹問屋の娘お糸に岡惚れした大尽兵左衛門が女中を買収し、とんとんと叩くの …

古今亭志ん生(五代目)締め込み

泥棒をシテ役とする噺は、この噺をはじめ、やかん泥/夏泥/穴泥/芋泥/もぐら泥/花 …