【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■柳家権太楼(三代目) 占い八百屋(御神酒徳利)

      2014/06/08

Sponsored Link

八百屋が御用聞きに来たが、女中が大掃除で忙しいので存在な口をきいたのに腹を立て、そばにあった徳利を水瓶の中に隠してしまった。
それが家宝の徳利だったので大騒ぎになると、八百屋の方でも今更自分が隠したとは言えない。
占いが出来ると嘘を言って、「女中のふるまいに神様が腹を立て、水瓶の中に隠したのだ」と言って徳利を見つけた。
泊まり合わせた鴻池の番頭がこれを聞いて、お嬢様の病気を見てくれるよう頼み、八百屋は大阪まで出掛けることになる。
神奈川まで来ると、客の財布が無くなり、宿の主人に疑いが掛かって困っているという。

さっそく八百屋の先生が占いを頼まれたものの、これは占える訳もなく、夜逃げの準備をして夜が更けるのを待っている。
すると、財布を盗んだ女中が、江戸から占いの名人が来たと聞いて、自首して来た。
八百屋は女中を助け、神様がお隠しになったのだということにして、財布を見付け出した。

さあ翌日になると、「紛失したものがあるから占ってくれ」という近所の人が押し寄せて、宿の表まで行列が出来る始末。
仕方なく八百屋先生を起こしに行った番頭があわてて戻ってきた。

「大変です。今度は先生が紛失しました」

Sponsored Link

 - 柳家権太楼(三代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家権太楼(三代目) 抜け雀

あらすじ 小田原の宿で、薄汚れた旅人が毎日三升の酒を飲み、何もせず寝てばかりで七 …

■柳家権太楼(三代目) 黄金の大黒(きんのだいこく)

貧乏長屋の住人に、大家さんから招集がかかる。なんでも、おめでたいことがあるのでご …

★柳家権太楼(三代目)佐野山(谷風の人情相撲)

あらすじ 江戸時代の大横綱で谷風梶之助は名人を通り越して人格者でもあった。 生涯 …

柳家権太楼(三代目) 壷算(つぼ算)

あらすじ 二荷入りの水がめを買いたい主人公の吉公。 しかし、この男は「黙っていた …

■柳家権太楼(三代目) 宿屋の仇討
■柳家権太楼(三代目) 代書屋

3代目 柳家 権太楼(1947年1月24日 – )は、東京都北区出身 …

柳家権太楼(三代目)くしゃみ講釈
柳家権太楼(三代目) 疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

柳家権太楼(三代目) 町内の若い衆

大工の八五郎が親分の家のそばを通りかかったので、ちょいと顔を見ようと寄ってみると …

柳家権太楼(三代目) 短命(長命)

  【ニコニコ動画】落語 「短命」 柳家権太楼八五郎が隠居の家にやって …