【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目) 心のともしび(心の灯火)

      2014/06/07

Sponsored Link

長屋暮らしで傘張りで生活している浪人。今日もうまのあう町人が遊びに来る。字を教えてくれという。
これまでも教えたが覚えが悪いので、短気な侍は手を放そうと追い返す。
次の日もやってくる。実は娘が大店から嫁入りの話が来ているが、父親が無筆では相手から馬鹿にされると、娘が縁談を断わるという。
そこで字を習いたかったのだとのこと。感動した浪人は字を教えてやることにして稽古。
「いろはにほへと」を覚えて喜ぶ二人。
浪人は
「これからは天満宮を一身に拝め。いっそう上達をいたそう。よいか」
「天満宮てえのはなんです?」
「天神様。世にあるときは菅原道真公と申され、書道の名人という。この神に一心に祈願をこめ、念ずれば一層、上達をいたそう」
「へえ、だけど、天神さまは字が読めなかったってえじゃありませんか」
「馬鹿なことを言うな。誰がこんなことを言った」
「でも、無実(無筆)の罪で流されたってえます」

[宇野信夫作]

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)猫怪談

あらすじ 深川蛤町の裏長屋に与太郎が住んでいたが、育ての親の親父が死んでしまった …

三遊亭圓生(六代目)永代橋(武兵衛ちがい)

江戸期から高座にかかる生粋の江戸落語なのですが、現代では、あまり高座にかからない …

八九升(はっくしょう) 放送禁止落語

八九升(はっくしょう)は、古典落語の演目の一つ。 わかりやすい、典型的な滑稽噺で …

三遊亭圓生(六代目)弥次郎

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

三遊亭圓生(六代目) 緑林門松竹(みどりのはやしかどのまつたけ)
三遊亭圓生(六代目) 髪結新三(かみゆいしんざ)上・下 白子屋政談

紀伊国屋文左衛門の番頭であった庄三郎は紀伊国屋が傾いてきたのを察知して独立した。 …

no image
三遊亭圓生(六代目) けち競べ
三遊亭圓生(六代目)がまの油(蝦蟇の油)

あらすじ 大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」だ、黒羽二重の紋付き袴 …

三遊亭圓生(六代目) 長崎の赤飯(長崎の強飯ながさきのこわめし)

おいおい、よしなよ。 ふッ、莫迦なことを言ってやがる。 そんなことが出来るんなら …

三遊亭圓生(六代目)怪談牡丹灯籠(お露と新三郎/御札はがし)

お露と新三郎 御札はがし(1:03:03~) 牡丹灯籠(ぼたん どうろう)は、中 …