【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目) 心のともしび(心の灯火)

      2014/06/07

Sponsored Link

長屋暮らしで傘張りで生活している浪人。今日もうまのあう町人が遊びに来る。字を教えてくれという。
これまでも教えたが覚えが悪いので、短気な侍は手を放そうと追い返す。
次の日もやってくる。実は娘が大店から嫁入りの話が来ているが、父親が無筆では相手から馬鹿にされると、娘が縁談を断わるという。
そこで字を習いたかったのだとのこと。感動した浪人は字を教えてやることにして稽古。
「いろはにほへと」を覚えて喜ぶ二人。
浪人は
「これからは天満宮を一身に拝め。いっそう上達をいたそう。よいか」
「天満宮てえのはなんです?」
「天神様。世にあるときは菅原道真公と申され、書道の名人という。この神に一心に祈願をこめ、念ずれば一層、上達をいたそう」
「へえ、だけど、天神さまは字が読めなかったってえじゃありませんか」
「馬鹿なことを言うな。誰がこんなことを言った」
「でも、無実(無筆)の罪で流されたってえます」

[宇野信夫作]

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■三遊亭圓生(六代目) 寝床

蜀山にも皮肉られたほど、明治・大正の頃大変素人義太夫が盛んになった。 定吉に命じ …

■三遊亭圓生(六代目) 双蝶々(ふたつちょうちょう)
三遊亭圓生(六代目) 操競女学校(みさおくらべおんながっこう)~お里の伝~
三遊亭圓生(六代目) ちきり伊勢屋

易者の白井左近は易が上手く、知人の旗本中川右馬之丞の災難を予言して一命を助けたこ …

三遊亭圓生(六代目)樟脳玉(しょうのうだま)

あらすじ お人良しで気が弱く、正直者で愛妻家の捻兵衛(ねじべえ)さんが、女房に先 …

三遊亭圓生(六代目)吉住万蔵(よしずみまんぞう)

  四代目邑井貞吉(むらいていきち)からこの人情話を教わり、サゲをつけて高座にか …

■三遊亭圓生(六代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三遊亭圓生(六代目)掛取万歳(かけとりまんざい)

借金をかかえて困り果てた八五郎夫婦。「掛け取り」を追い払うために知恵をしぼった末 …

三遊亭圓生(六代目) 猫定

八丁堀玉子屋新道の長屋に住む、魚屋定吉という男。 肩書は魚屋だが、実態は博徒。 …

■三遊亭圓生(六代目)品川心中