【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

春風亭昇太 権助魚

      2014/01/22

Sponsored Link

あらすじ
だんながこのところ外に愛人を作っているらしいと嗅ぎつけたおかみさん、嫉妬で黒こげになり、いつもだんなのお供をしている飯炊きの権助を呼んで、問いただすが、シラを切るので、饅頭と金三十銭也の出費でたちまち買収に成功。

両国の広小路あたりで、いつもだんなが権助に「絵草紙を見ろ」と言い、主命なのでしかたなく店に入ったすきに逃走する事実を突き止めた。
今度お伴をしたら間違いなく後をつけて、だんなの行き先を報告するように命じたが……。

何も知らないだんな、いつもの通り、田中さんの所へ行くと言って、権助を連れて出かける。
この田中某、正月には毎年権助にお年玉をくれるだんななので、いわば三者共謀。
例によって絵草紙屋の前にさしかかるが、今日に限って権助、だんながいくら言っても、「おらあ見ねえ」の一点張り。

ははあと察しただんな、作戦を変え、餠を食って行こうと食い気で誘って、餠屋の裏路地の家に素早く飛び込んだ……かに見えたが、そこは買収されている権助、見逃さずに同時に突入。
ところが、だんなも女も、かねてから、いつかはバレるだろうと腹をくくっていたので泰然自若。
「てめえが、家のかみさんに三十銭もらってるのは顔に出ている。

かみさんの言うことを聞くならだんなの言うことも聞くだろうな」逆に五十銭で買収。
駒止で田中さんに会って、これから網打ちに行こうと、船宿から船で上流まで行き、それから向島に上がって木母寺から植半でひっくり返るような騒ぎをして、向こう岸へ渡っていったから、多分吉原でございましょう、茶屋は吉原の山口巴、そこまで来ればわかると言え、と細かい。

「ハァー、向島へ上がってモコモコ寺……」「そうじゃねえ、木母寺だ」その上、万一を考えて、別に五十銭を渡し、これで証拠品に魚屋で川魚を買って、すぐ帰るのはおかしいから日暮れまで寄席かどこかで時間をつぶしてから帰れ、とまあ、徹底したアリバイ工作。

権助、指示通り日暮れに魚屋に寄るが、買ったものは鰹の片身に伊勢海老、目刺しにカマボコ。
たちまちバレた。
「……黙って聞いてれば馬鹿におしでないよ。みんな海の魚じゃないか。どこの川にカマボコが泳いでるんだね」

「ハア、道理で網をブッて捕った時、みんな死んでた」

Sponsored Link

 - 春風亭昇太

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

春風亭昇太 二番煎じ
■春風亭昇太 へっつい盗人

あらすじ 友人の引越し祝い二人の男が相談するが。 「どんなもん祝うたらよろしやろ …

■春風亭昇太 ストレスの海

「ストレスの海」(すとれすのうみ)は、春風亭昇太による新作落語の演目。 昇太の代 …

春風亭昇太 御神酒徳利(占い八百屋)

あらすじ 馬喰町に刈豆屋という旅籠があった。 師走十三日は年に一度の大掃除。 ご …

春風亭昇太 花筏
春風亭昇太 力士の春

[出典:https://www.youtube.com/channel/UCFx …

■春風亭昇太 ちりとてちん

【ニコニコ動画】【落語】春風亭昇太『ちりとてちん』 ある家の旦那がお向かいに住む …

■春風亭昇太 お父さんの決断
■春風亭昇太 看板のピン

子分達が、ちょぼいち(親が壺の中でさいころを振り、その出た目に賭ける賭博。当たれ …

春風亭昇太 オヤジの王国

春風亭昇太 オヤジの王国 妻や娘に虐げられているオヤジが押し入れの奥に戸から通じ …