【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓窓(六代目) あくび指南(あくびの稽古)

      2014/03/27

Sponsored Link

あらすじ

あくびの指南所ができたので、熊さんが源さんを連れて習いに行った。
無意識のあくびは駄あくびといってくだらない、初心者のあくびには、春夏秋冬とあるが、一番易しい夏の稽古をしましょうということで、師匠が手本を示す。
「(船遊びの夕暮れ時で、体が自然と揺れている、煙草を一服吸って)船頭さん、船を上手にやっくれないか、堀から上がって、一口やって、中へでも繰り込んでわっと騒ごうよ、船も良いけど長く乗っていると、退屈で退屈で(ホワァー)ならねえや」と言う具合。
熊さんが、真似をしようとするが、体を揺すり過ぎたり声がでかすぎたり、話が脱線したりで、うまくできない。
「あなたは、不器用ですな」
このやり取りを聞いていた源さんが、
「こんなくだらねぇ話を聞いていると、退屈で退屈で(ホワァー)ならねえや」
「ああ、お連れさんはご器用だ」

※『落語400文字ストーリー』より引用

http://mengjian.blog104.fc2.com/

Sponsored Link

 - 三遊亭圓窓(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) 叩き蟹

Sponsored Link 江戸の日本橋のたもとに黄金餅という名物を売っている …

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) 明烏

6代目三遊亭 圓窓(1940年10月3日 – )は、東京都江東区出身 …

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) 鬼の涙

節分の夜、女房のお福は金を借りに歩いたが、駄目で、ほうぼうの家々で蒔いた豆を拾い …

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
■三遊亭圓窓(六代目) 十徳

あらすじ 八つぁんが仲間と床屋で油を売っていると、その前を変わった着物を着て隠居 …

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) 写経猿

今から千年前の寛平六(八九四)年。 越後の中条にある乙宝寺の行門和尚が毎朝、本堂 …

三遊亭圓窓(六代目)sanyuteienso
三遊亭圓窓(六代目) 鼓が滝

有馬温泉の近くにある鼓が滝へやってきた旅人は、絶景を前にして筆をとり、一首詠んだ …