【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂雀々 さくらんぼ(頭山・あたま山)

   

Sponsored Link

頭山(あたまやま)は落語の演目の一つ。「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では、「さくらんぼ」の題名で演じられている。こちらは桂雀々の持ちネタのひとつでもある。
主にケチの噺の枕として使われる小噺であるが、八代目林家正蔵(林家彦六)は話を膨らませて一席噺として演じていた。

あらすじ

気短な(あるいはケチな)男がサクランボを種ごと食べてしまったため、種が男の頭から芽を出して大きな桜の木になる。
近所の人たちは大喜びで男の頭に上って、その頭を「頭山」と名づけて花見で大騒ぎ、男は頭の上がうるさくて苛立ちのあまり桜の木を引き抜いてしまい、頭に大穴が開いた。
ところがこの穴に雨水がたまって大きな池になり、近所の人たちが船で魚釣りを始めだす始末、釣り針をまぶたや鼻の穴に引っ掛けられた男は怒り心頭に発し自分で自分の頭の穴に身を投げて死んでしまう…

Sponsored Link

 - 桂雀々 ,

[PR]

Comment

  1. 【落語】 あたま山(頭山・さくらんぼ) 山村浩二のアニメが凄いシュールな件 より:

    […] は江戸落語での名称で、上方落語では、「さくらんぼ」の題名で演じられている。こちらは桂雀々の持ちネタのひとつでもある。 主にケチの噺の枕として使われる小噺であるが、八代目林 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂雀々/猿後家

猿後家(さるごけ)は、落語の演目のひとつである。元々は上方落語の演目で、東京へは …

桂雀々/がまの油(蝦蟇の油)

蝦蟇の油(がまのあぶら)は 古典落語の演目の一つ。「ガマの油」を売る香具師を主人 …

桂雀々 鶴満寺

陽気がようなってくると、出てまいりますのが花見の御連中さん。大阪は船場あたりの旦 …

■桂雀々/手水廻し

地方の宿屋に泊まった大阪の客、部屋で顔を洗おうと「手水を廻してくれ」と願うが、宿 …

桂雀々 遺言
桂雀々 鷺とり
桂雀々 田楽喰い(ん廻し)
桂雀々 鯉舟

あらすじ さる御大家の若旦那、船を一艘仕立てまして、どこぞへお出まし、というよう …