【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 五目講釈

   

Sponsored Link

上方では「居候講釈」の演題が使われる。
志ん生は一時、三代目小金井蘆洲(小金井芦州)門下の講釈師になったことがあるので、講釈は口慣れている。
ラジオによく出していて、『調合』の題でやったこともある。

昭和33年(1958)6月15日にニッポン放送で放送された貴重な音源。
放送されていたのに、音源が見つからなかったが最近発見された。
CD化されたものはなく、唯一、志ん生復活!落語大全集・第11巻(講談社DVDブック)に残っている。

あらすじ

居候の若旦那が講釈師になると言い出した。試しに長屋の連中を集めてやってみる。
聴いてみるとひどいもので、「赤穂義士伝」に牛若丸や本多平八郎が登場したり、弁慶と由比正雪が一緒に出てくる。
話が急に「源平盛衰記」や「お富与三郎」に変わったり、めちゃくちゃな五目講釈。

「あれはいったいどこのせがれだい?」

「横丁の薬剤師のせがれだ」

「道理で、講釈に調合がしてある」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)お化け長屋

あらすじ 長屋に空き店の札。 長屋が全部埋まってしまうと大家の態度が大きくなり、 …

古今亭志ん生(五代目)はてなの茶碗(茶金)

昭和30年代の音源 ★冒頭で 師匠:四代目 橘家圓喬について、自身のエピソードも …

古今亭志ん生(五代目)藁人形

あらすじ 神田龍閑町の糠屋の娘おくまは、ぐれて男と駆け落ちをし、上方に流れていっ …

古今亭志ん生 (五代目)毛氈芝居(もうせんしばい)

この村はまだ芝居という物を観たことも無く、芝居が解りません。地方に出ていて、ひと …

古今亭志ん生(五代目)三年目

三年目(さんねんめ)は古典落語(江戸落語)の演目の一つ。 4代橘家圓喬(たちばな …

古今亭志ん生(五代目) 淀五郎

あらすじ 忠臣蔵の判官役が急病になり、名題に成り立ての弟子、沢村淀五郎が指名され …

古今亭志ん生(五代目)浅井の化け物娘(本所七不思議・置いてけ堀)

古今亭志ん生(五代目) 浅井の化け物娘(本所七不思議・置いてけ堀) 別題:おいて …

古今亭志ん生(五代目)素人相撲

ある男が相撲に出てみないかと勧められて、オレは大関だと豪語している。 こういうの …

古今亭志ん生(五代目)中村仲蔵

あらすじ 明和3(1766)年のこと。 苦労の末、名題に昇進にした中村仲蔵は、「 …

古今亭志ん生(五代目) 貧乏自慢