【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 五目講釈

   

Sponsored Link

上方では「居候講釈」の演題が使われる。
志ん生は一時、三代目小金井蘆洲(小金井芦州)門下の講釈師になったことがあるので、講釈は口慣れている。
ラジオによく出していて、『調合』の題でやったこともある。

昭和33年(1958)6月15日にニッポン放送で放送された貴重な音源。
放送されていたのに、音源が見つからなかったが最近発見された。
CD化されたものはなく、唯一、志ん生復活!落語大全集・第11巻(講談社DVDブック)に残っている。

あらすじ

居候の若旦那が講釈師になると言い出した。試しに長屋の連中を集めてやってみる。
聴いてみるとひどいもので、「赤穂義士伝」に牛若丸や本多平八郎が登場したり、弁慶と由比正雪が一緒に出てくる。
話が急に「源平盛衰記」や「お富与三郎」に変わったり、めちゃくちゃな五目講釈。

「あれはいったいどこのせがれだい?」

「横丁の薬剤師のせがれだ」

「道理で、講釈に調合がしてある」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)王子の狐

田んぼの稲むらの陰で、狐が若い女に化けるのを見た男。 化かされる前にと、女に「お …

■古今亭志ん生(五代目) 昭和43年(1968)7月3日 78歳の映像

この映像は、昭和43(1968)年7月3日に東京12チャンネル(現・テレビ東京) …

古今亭志ん生(五代目)お初徳兵衛(舟徳原話)

あらすじ 遊びが過ぎて勘当をされた若旦那の徳兵衛は、いつも世話をしていた柳橋の船 …

古今亭志ん生(五代目)天狗裁き

『天狗裁き』(てんぐさばき)は、古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである …

古今亭志ん生(五代目)うなぎ屋(鰻屋)
古今亭志ん生(五代目)強情灸

強情灸(ごうじょうきゅう)は古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の『やいと丁稚 …

古今亭志ん生(五代目)藁人形

あらすじ 神田龍閑町の糠屋の娘おくまは、ぐれて男と駆け落ちをし、上方に流れていっ …

★古今亭志ん生(五代目)子別れ(上・中・下)

子別れ(こわかれ)は古典落語の演目の一つ。 柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3 …

古今亭志ん生(五代目)淀五郎

あらすじ 忠臣蔵の判官役が急病になり、名題に成り立ての弟子、沢村淀五郎が指名され …

古今亭志ん生(五代目)搗屋幸兵衛(つきやこうべえ)

あらすじ 家主の幸兵衛が、今朝も長屋を一回りして、小言を言って家に戻ると、空家を …