【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭右女助(三代目) 出札口(しゅっさつぐち)

   

Sponsored Link

出札口(しゅっさつぐち)は、3代目三遊亭右女助自作による新作落語。
ほとんどが道中付けで構成されている。

あらすじ

東京駅の出札口。ある男が切符を買いにきたが、どこまで行くのか忘れてしまった。
男は駅員に「思い出すから、順番に言ってくれよ」と、東海道本線有楽町からはじまり、駅名を順番に言わせる。
が、目的地が出てこない。南から北までの全駅名を言わせるのだが….

プロフィール

3代目三遊亭 右女助(1925年9月19日 – 2007年5月20日)は、神奈川県逗子市出身の落語家。
本名は田中 信雄(たなか のぶお)。出囃子は『どんどろ』、『鉄道唱歌』や『いやとび』などを使っていた。
若い頃は軍隊では通信部隊に所属していた。
神奈川県逗子市桜山に住んでいた事から「逗子の師匠」と言われた。落語芸術協会では理事を勤めた。
新作落語派で、駅名を次々に言っていく自作の「出札口(しゅっさつぐち)」が大ヒットした。

略歴
1947年 – 漫才の十返舎亀造・菊次の亀造に入門し、本名に因んで字違いの信夫で修行する。
1950年5月 – 5代目古今亭今輔門下に入門。前座名延輔。
1953年11月 – 二つ目昇進し、今之輔と改名。
1963年4月 – 真打昇進し、3代目右女助襲名。
1991年 – 年内いっぱいで廃業し、以後は自宅の逗子で暮らす。
2007年5月20日 – 胃癌のため死去。享年81。

Sponsored Link

 - 三遊亭右女助(三代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭右女助(三代目)umesuke
三遊亭右女助(三代目) ユーレイ自動車

3代目三遊亭右女助自作の新作落語。 4代目柳亭痴楽の幽霊タクシー(幽霊自動車)と …