【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂文治(九代目) 六尺棒

      2014/08/19

Sponsored Link

大店の若旦那の孝太郎は大の道楽者。今夜も遊んで帰ると戸が閉まっている。

戸を叩いて店の若い者たちの名前を呼ぶが、起きているのは口やかましい親父の孝右衛門で

「夜分ドンドンと戸を叩くのはどなたですか。商人(あきんど)の店は10時限りですから、お買いものでしたら明朝に願います」

「せがれの孝太郎です」

「孝太郎のお友達ですか。あんな道楽者でやくざなせがれは、親類一同相談の上勘当しました、もう帰って来なくともいい、とお言付け願いますよ」

「行くところがないから死んでしまおうかな」

「死ぬ死ぬと言って死んだためしがないと、お言付けください」

「この家を他人に取られるのはいやだから、火をつけて燃やしてしまいます」

戸の隙間から見ると、マッチを擦っている。本当にやりかねず、近所の手前もあるので親父は六尺棒を持って戸を開けて外に出て、逃げ出した孝太郎を追いかける。

町内を逃げ回り、物陰に隠れて親父をやり過ごした孝太郎が家まで戻ると戸が開いている。

これ幸いと中に入って心張棒をかってしまう。そこへ親父が戻って来る。

用心のために番頭が戸を閉めてくれたのだと思って戸を叩くと、

「夜分ドンドンと戸を叩くのはどなたですか。商人の店は10時限りですから、お買いものでしたら明朝に願います」と孝太郎

「俺だ俺だ親父の孝右衛門だ」 

「孝右衛門のお友達でございますか。しみったれて金を貯め、しまいには身上(しんしょう)をどんなに大きくするか分かりません。あんな親父は世の中のためになりません。親類一同相談の上、勘当したとお伝えください」と孝太郎の仕返しだ。孝右衛門も負けずに、「そんなにまねがしたければ六尺棒持って追っかけて来い」

Sponsored Link

 - 桂文治(九代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目) 小粒

ある小さい男が大きくなりたい一心で芝山の仁王尊に願掛けに行く。 すると、仁王さま …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)皿屋敷(お菊の皿)

旅先で皿屋敷のことを聞かれ、知らずに恥をかいた若者。隠居に聞くとまさに町内にあり …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)大蔵次官

1964年11月10日録音 どこでどんな吉運が待ち受けているか分からない。掛け持 …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)現代の穴

日本は落語があるからどうにかこうにか守ってんですよ。ええ、もう、落語がなけりゃ­ …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。原話は、松浦静山が文政4年(1821年) …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)宇治大納言

歌舞伎のルーツは、出雲阿国(いずものおくに 1572~没年不明)とされています。 …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)岸さん

プロフィール 9代目桂 文治(かつら ぶんじ、1892年9月7日 – …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目) 俳優の命日(今戸焼改作)