【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂九雀 軽石屁(東の旅より)

   

Sponsored Link

『伊勢参宮神乃賑』(いせさんぐうかみのにぎわい)、通称『東の旅』(ひがしのたび)は、喜六と清八による伊勢参りの道中を描いた一連の上方落語の一部。

●大坂から奈良を通って伊勢へ
『発端』⇒『奈良名所』⇒『野辺』⇒『煮売屋』⇒『七度狐』⇒『うんつく酒』⇒『常太夫義太夫』⇒『鯉津栄之助』⇒『三人旅浮之尼買』

●伊勢神宮にお参りをし
『間の山お杉お玉』⇒『宮巡り』

●近江・京都を廻って大坂に戻ってくるまでの道中
『軽石屁』⇒『これこれ博打』⇒『高宮川天狗酒盛』⇒『矢橋船』⇒『宿屋町』⇒『こぶ弁慶』⇒『走り餅』⇒『京名所』⇒『三十石夢乃通路』

プロフィール

1979年(昭和54年)3月1日 桂 枝雀に入門。
マイクロフォンを使う必要のない会場で、生の声、生の三味線、生の鳴物による落語会の開催に力を入れている。
また、一風変わった落語会のプロデュースも多数。(落語と音楽のコラボ企画、ネタの虫干しetc)
1984年 放送作家・東野 博昭が旗揚げしたカラードシアター・ヘテカラで演劇の初舞台。以降、ヘテカラ全公演、劇団リリパットアーミー、劇団MOTHERなど関西小劇場等へ多数客演。
2005年7月には落語的手法による芝居「噺劇(しんげき)」をスタートさせ、継続的に公演を行っている。
吹奏楽団やフルートオーケストラと共演し、楽曲の語りを一人芝居形式や落語形式で演じたりと、音楽の世界とのつながりも広げている。
その他、1993年よりスタートし、南座名物公演となっている「歌舞伎鑑賞教室」での解説役も勤める。
持ちネタ数が多く2012年5月下旬で145あったが、突如「持ちネタ総入れ替え宣言」をして、過去の持ちネタを捨てたので、現在、ハイペースでのネタおろし中。
趣味:将棋(アマチュア三段)・詰将棋創作・クラリネット
wiki

Sponsored Link

 - 桂九雀 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした