【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 鶴亀

   

Sponsored Link

あまり聴くことがない噺であるが、これは『御慶(ぎょけい)』という噺の前半部分を志ん生が独立させたもの。
目出度い噺として正月の寄席でやっていた。これをNHKのラジオとテレビが一度だけ生中継した。放送されたのはその時だけである。
[出典:志ん生全席 落語事典]

あらすじ

富(とみ)が流行った当時の噺です。富にすられて、八五郎は文無しになって家に帰ってきた。今度は当たるからと女房の着ている半纏をせびった。今度は鶴が俺の肩に留まった夢を見た。俺は八五郎だから、鶴で一千、八五郎で八五六、で買うから半纏を貸せ。「イヤだよ。それなら出ていくよ」、「出ていけ!その代わり半纏を置いていけ」。嫌がる女房の半纏を無理矢理取り上げ、質屋に行って番頭に掛け合い、これも無理矢理1分を借りて、湯島境内に来てみると何万という人であふれていた。
当たったら、お伊勢詣りをして、職人を辞めて商いを始める。質屋をすれば、今までは遠かったが近くになって便利だから。
別の男は当たったら、庭に池を掘ってそこに酒を入れて泳ぎながら酒を飲む。ん?ハズレたら・・・、ション便をして寝ちゃう。

ワイワイ言っている内に、「突き留め~」の声で、場内が一瞬水を打ったように静かになって、その気で札が動いたという。
「今日(こんにち)の突き留め~、鶴の~、千・八百・五十・六番~」。八五郎は歯の根も合わないほど震えて座り込み、回りの群衆に助けられて勧進元に。
「来年の2月まで待てば全額お渡ししますが、今ですと2割引いた額になります」。「無くなっちゃうのでなければ、それでイイ」ともらってきた。

フアフアしながら家に帰れば「また、外れたね」とつれない挨拶。戸を閉めて金を見せると、「あ~らまあ、アンタ。チョイと、、、だから、富は買わなくちゃ」。「800両だ」、「1両有れば1年暮らせる金だよ」、「そうだ800年暮らせる」。あれも買いたい、これも欲しいと楽しい話が始まったが、「このお金何処にしまう?」、「俺の褌(ふんどし)に入れて持ち歩くよ」、「それじゃダメだから、瓶(かめ)に入れて床下に隠しておこう」、「何で瓶なんだ」、「アンタは鶴で当たったんだから、瓶(亀)に入れれば、鶴亀でめでたいだろう」、「鶴で800両」、「鶴、鶴って、大きな声を出すんじゃないよ。長屋の者がクチバシを入れるよ」。
[出典:落語の舞台を歩く]

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目) おせつ徳三郎(刀屋)

お店のお嬢様のおせつと奉公人の徳三郎が恋仲に落ちた。それが明るみに出て、徳三郎は …

古今亭志ん生(五代目)宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

古今亭志ん生(五代目)亭主関白(別題:替わり目/元帳)

別題:替わり目/元帳 SP盤歴史的音源 もとは『替わり目』というサゲからつけた題 …

古今亭志ん生(五代目)らくだ(長尺50分)
古今亭志ん生(五代目) 三軒長屋(前・後)

三軒長屋(さんげんながや)は落語の演目の一つ。 原話は中国の明代に書かれた笑話本 …

古今亭志ん生(五代目)大山詣り

大山詣り(おおやままいり)は古典落語の演目。原話は、狂言の演目の一つである「六人 …

古今亭志ん生(五代目) 居残り佐平次
古今亭志ん生(五代目) 淀五郎

あらすじ 忠臣蔵の判官役が急病になり、名題に成り立ての弟子、沢村淀五郎が指名され …

古今亭志ん生(五代目)弥次郎(うそつき弥次郎)

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

古今亭志ん生(五代目)今戸の狐

こつ(千住)、ばくちの狐など、分かりにくい言葉が多いので、マクラで志ん生はこれら …