【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三笑亭可楽(八代目) たちきり

      2014/11/03

Sponsored Link

「たちぎれ」もしくは「たちきれ」は、上方落語の演目の一つ。
別名「立ち切れ (たちぎれ) 線香」「たちきり」。
江戸時代に笑話集「江戸嬉笑」の中に収められた「反魂香」を元につくられた、古典落語の名作。

Sponsored Link

 - 三笑亭可楽(八代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三笑亭可楽(八代目)らくだ【十八番】

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

三笑亭可楽(八代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

三笑亭可楽(八代目)石返し

あらすじ 少しばかり頭が薄明状態の松公は、夜なきそば屋のせがれ。 親父の屋台の後 …

三笑亭可楽(八代目)尻餅(しりもち)

あらすじ 八五郎の家では、大晦日だというのに夫婦喧嘩をしている。 隣近所では餅つ …

三笑亭可楽(八代目)子別れ(上・中下)
三笑亭可楽(八代目) 付き馬

「居残り佐平次」のような噺ですが、この男は居残ることもなくまんまと勘定を踏み倒し …

三笑亭可楽(八代目)文違い(ふみちがい)

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …

三笑亭可楽(八代目)三方一両損

あらすじ 神田白壁町の長屋に住む左官の金太郎.ある日、柳原の土手で、同じく神田堅 …

三笑亭可楽(八代目)大山詣り

元々は「百人坊主」という上方落語の演目とされるが、滝亭鯉丈の作品で文政4年(西暦 …

三笑亭可楽(八代目)妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …