【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■古今亭志ん生(五代目) おかめ団子

   

Sponsored Link

江戸時代飯倉片町におかめ団子という団子屋さんが有った。この店の一人娘にお亀さんという絶世の美女がいた。唐土の楊貴妃はなんのその普賢菩薩の再来か、今朝御前お昼御前は今済んだ、と言うほどの美女。この看板娘が帳場に座っているので、お客は切れなかった。

 この日は風が強くて客足が途絶えがちになっていた。その為、早仕舞になった。そこに汚い手ぬぐいをほっかむりした肌の白い優しい男が店先に立った。盲縞の筒袖に浅葱のネギのかっれ葉のような股引をはいて、素足にワラジ履きの大根(だいこ)屋が団子を所望したが早仕舞で売れないと追い返した。それを聞いた旦那が大根屋を呼び戻し自ら団子を作って渡した。「寝たきりになった母親におかめ団子を買って帰ると、とっても喜ぶのです」、「それは親孝行で良い。そうですか中目黒にお住まいですか」。
 敷紙を出して、店が仕舞い(終わり)なので売り上げを、その上に開けた。今日は13貫ばかりですが、普段は3倍ほど有と言われ、ジッと見つめる大根屋であった。

 家に帰った大根屋は母親に団子を勧めて、硬い布団に寝かせておいて悪いと身体をさすっている内に、子供のように寝入ってしまった。大根の稼ぎでは布団は買えない、あの団子屋の13貫があれば・・・。何を思ったか、ほっかむりをして、風が吹く町に出て行った。

 おかめ団子の裏に駆け出して来た。泥棒の仕方も分からないし、お月さんも見ている。庭の切り戸が風で煽られているので、中に入って植え込みの中にしゃがんで、どこから入ったら良いのか考えていた。その時、縁側の雨戸がスッーと開いて、一人娘のお亀さんが、文金高島田も崩れ緋縮緬のしごきを胸高に締めて、庭をボーッと見ていた。意を決したようにパタパタと庭に下りて松の枝にしごきを掛けて首をその中に・・・。ビックリして正直大根屋は止めに入って、「誰か来ないか。誰か~」と、大声で怒鳴った。店の中では泥棒が入ったと思って店の者みんなを起こし、主人が縁側に出てみるとお亀さんが一大事。泥棒では無いからと店の者には見せず、部屋に戻した。
 翌日婚礼を控えて気が進まない話なのでこの有様。よく見ると助けた男は大根屋と分かり、「どうして、ここに?」、「通りかかったもんで」、「ここは家の庭だよ」。大根屋は正直に長患いの母親のこと、布団を買ってやりたいが、自分の稼ぎでは出来ないこと。それで、団子屋さんにさっきの売り上げ13貫の泥棒に来たと全部白状した。
 「人の物を盗んで布団を買ってもおっ母さんは喜ばない。それより、礼はちゃんとするよ」と、手文庫から5両を差し出した。「そんな大金。13貫で良いんです」、「多くてもイイだろ」。
 「ところで、頼みがあるんだが、お前さん家の養子にならないかい。帰っておっ母さんに相談しな。そして、おっ母さんを引き取って店の裏の隠居所に入ったら良い。話をして、明日の昼前に来なさい。お亀と3人でお昼を食べに行こう」。お亀に聞いても異存は無いという。5両持たせて帰した。

 男っぷりも良いし、正直者だから養子に入ってくれれば、3人共助かる。奥様は「もう、私たちも安泰に暮らせると思うよ」、「どうして我々を楽にしてくれると思う」、
「解るじゃ無いですか、大根屋さんだから、香々(孝行)でしょう」。

[出典:落語の舞台を歩く]

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目) 浜野矩隨(はまののりゆき:名工矩隨)

浜野矩隨は、江戸中期の装剣金工家。通称を忠五郎、江戸神田小柳町に住したといい、浜 …

古今亭志ん生(五代目) 庚申待(こうしんまち)~宿屋の仇討

宿屋仇(やどやがたき)は上方落語の演目の一つ。「日本橋宿屋仇」とも言う。 東京で …

古今亭志ん生(五代目)あくび指南(あくびの稽古)

『釣り指南』『小言指南』など指南物の一つ。 志ん生は、ホール落語にはかけなかった …

古今亭志ん生(五代目) 付き馬(早桶屋/吉原風景)

付き馬(つきうま)は、古典落語の演目の一つ。 原話は元禄5年(1692年)に出版 …

古今亭志ん生(五代目)金明竹
古今亭志ん生(五代目) 御家安とその妹(前編・後編/上下完)

御家安とその妹(前編・上) 御家安とその妹(前編・下)00:28:45~ 御家安 …

no image
古今亭志ん生(五代目) お若伊之助(因果塚の由来)

横山町三丁目、栄屋という生薬屋のー人娘=お若。 年が十七で栄屋小町といわれる美人 …

古今亭志ん生(五代目)吉原綺談(上・中・下)芳原奇談雨夜鐘より

あらすじ ある日、やくざの権次が目にしたのは、下谷摩利支天横町の裏長屋に住んでい …

古今亭志ん生(五代目)麻のれん

按摩の杢市は、強情で自負心が強く、目の見える人なんかに負けないと、いつも胸を張っ …

古今亭志ん生(五代目) 業平文治(なりひらぶんじ)

あらすじ 寛永の頃に本所の業平村に浪島文治郎という人がいた。 この人の父親は堀丹 …