【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝 ぞろぞろ

      2014/10/21

Sponsored Link

浅草田んぼの真ん中に、太郎稲荷という小さな社があった。
今ではすっかり荒れ果てているが、その社前に、これもともどもさびれて、めったに客が寄りつかない茶店がある。

老夫婦二人きりで細々とやっていて、茶店だけでは食べていけないから、荒物や飴、駄菓子などを少し置いて、かろううじて生計をたてている。
爺さんも婆さんも貧しい中で信心深く、神社への奉仕や供え物はいつも欠かさない。

ある日、夕立があり、外を歩く人が一斉にこの茶屋に雨宿りに駆け込んできた。
雨が止むまで手持ちぶさたなので、ほとんどの人が茶をすすり駄菓子を食べていく。
こんな時でないと、こう大勢の客が来てくれることなど、まずない。

一度飛び出していった客が、また戻ってきた。外がつるつる滑って危なくてしかたがないという。
ふと天井からつるしたワラジを見て、「助かった。一足ください」

「ありがとう存じます。八文で」

一人が買うと、俺も、じゃ私もというので、客が残らず買っていき、何年も売り切れたことのないワラジが、一時に売り切れになった。
夫婦で、太郎稲荷さまのご利益だと喜び合っていると、近所の源さんが現れ、鳥越までこれから行くから、ワラジを売ってくれと頼む。

「すまねえ。たった今売り切れちまって」

「そこにあるじゃねえか。天井を見ねえな」
言われて見上げると、確かに一足ある。
源さんが引っ張って取ろうとすると、何と、ぞろぞろっとワラジがつながって出てきた。
それ以来、一つ抜いて渡すと、新しいのがぞろり。

これが世間の評判になり、太郎稲荷の霊験だと、この茶屋はたちまち名所に。
田町辺の、はやらない髪床の親方。客が来ないので、しかたなく自分のヒゲばかり抜いている。

知人に太郎稲荷のことを教えられ、馬鹿馬鹿しいが、退屈しのぎと思ってある日、稲荷見物に出かける。
行ってみると、押すな押すなの大盛況。

茶店のおかげで稲荷も繁盛し、のぼり、供え物ともに以前がうそのよう。
爺さんの茶店には黒山の人だかりで、記念品にワラジを買う人間が引きも切らない。

親方、これを見て、
「私にもこの茶店のおやじ同様のご利益を」と稲荷に祈願、裸足参りをする。

満願の七日目、願いが神に聞き届けられたか、急に客が群れをなして押し寄せる。

親方、うれしい悲鳴をあげ、一人の客のヒゲに剃刀(かみそり)をあてがってすっと剃ると、後から新しいヒゲが

ぞろぞろっ。

演目:『ぞろぞろ』について
http://rakugo-channel.tsuvasa.com/600

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん朝/宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

古今亭志ん朝 火焔太鼓

江戸時代から伝わる小さな噺を、明治末期に初代三遊亭遊三が少し膨らませて演じた。こ …

古今亭志ん朝 居残り佐平次

右を向いても左を向いても貧乏人が集まったとある長屋。 その輪にいた佐平次という男 …

古今亭志ん朝/粗忽の使者(尻ひねり)

粗忽の使者(そこつのししゃ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、元禄14年(170 …

古今亭志ん朝/大工調べ

あらすじ 大工の与太郎は、住んでいる長屋の家賃を滞納していたために、大家から商売 …

古今亭志ん朝 お若伊之助(根岸お行の松 因果塚の由来)

日本橋石町に「栄屋」さんと言う大きな生薬屋さんがあった。 そこの一人娘の”お若” …

古今亭志ん朝/真景累ヶ淵(豊志賀の死)

あらすじ 1793年、根津七軒町に住む富本の師匠豊志賀は、出入りの煙草屋新吉と年 …

古今亭志ん朝 真田小僧

あらすじ 子どもが父親にまとわりついて小遣いをねだるがもらえない。それじゃ、お母 …

古今亭志ん朝/首ったけ
古今亭志ん朝 お茶汲み

吉原の安大国(やすだいこく)という店に初会で上がった男を見た田毎(たごと)という …