【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 真田小僧

      2014/11/06

Sponsored Link

前座噺とし使う場合は、サゲまでやらずに途中で切ることが多い。志ん生が、前座の頃の林家三平にこの噺の稽古をつけたが、いくら教えても「うちの薩摩も真田におちた」とやるので、サジを投げたという話が伝わっている。

sinsyousanpei

志ん生は寄席ではこの話をやっていたようだが、ラジオではやらず、ホール落語も三越落語会で一度やっただけである。
テレビでは日本テレビ『お楽しみ演芸会』(1966年5月21日放送)で一度だけやっている。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 天狗裁き

『天狗裁き』(てんぐさばき)は、古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目) お初徳兵衛

あらすじ 遊びが過ぎて勘当をされた若旦那の徳兵衛は、いつも世話をしていた柳橋の船 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目) 黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)松山鏡

1966年(昭和41年)録音   よくこの…お色気と言うことを申します …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 大山詣り

大山詣り(おおやままいり)は古典落語の演目。原話は、狂言の演目の一つである「六人 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

志ん生sinsyo
■古今亭志ん生(五代目) 鰍沢(かじかざわ) 映像に残された志ん生の最後の一席

★映像に残された志ん生の最後の一席 志ん生は落語協会会長だった71歳の時に脳出血 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)祇園祭(祇園会)

『祇園会』(ぎおんえ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、天保年間に出版された笑話 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)鰻の幇間(うなぎのたいこ)

『鰻の幇間』(うなぎのたいこ)は、古典落語の演目の一つ。作者不詳の落とし話で、い …