【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 真田小僧

      2014/11/06

Sponsored Link

前座噺とし使う場合は、サゲまでやらずに途中で切ることが多い。志ん生が、前座の頃の林家三平にこの噺の稽古をつけたが、いくら教えても「うちの薩摩も真田におちた」とやるので、サジを投げたという話が伝わっている。

sinsyousanpei

志ん生は寄席ではこの話をやっていたようだが、ラジオではやらず、ホール落語も三越落語会で一度やっただけである。
テレビでは日本テレビ『お楽しみ演芸会』(1966年5月21日放送)で一度だけやっている。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 貧乏自慢

Sponsored Link 小島貞二氏の志ん生師匠へのインタビュー  ⇒ 柳家 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)幾代餅(いくよもち)

別題:幾代餅の由来 『紺屋高尾』という噺と筋はまったく同じ。 日本橋の搗米屋六右 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 塩原多助一代記~道連れ小平

塩原多助序 上州沼田に300石の田地を有する豊かな塩原家の養子多助は、養父角右衛 …

no image
古今亭志ん生(五代目) お若伊之助(因果塚の由来)

横山町三丁目、栄屋という生薬屋のー人娘=お若。 年が十七で栄屋小町といわれる美人 …

no image
古今亭志ん生(五代目) 大工調べ

大工の棟梁・政五郎が、仕事に行こうと与太郎を呼びに行くと、一両八百文たまった家賃 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 千早振る

『千早振る』(ちはやぶる / ちはやふる)は、古典落語の演目の一つ。 別題は『百 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 氏子中(町内の若い衆)

あらすじ ・氏子中(うじこじゅう) ある日、商用で出かけた亭主が出先から帰宅する …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 亭主関白

別題:替わり目/元帳 SP盤歴史的音源 もとは『替わり目』というサゲからつけた題 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目) 百川

『百川』は実在した料理屋で、そこであった実話を落語にしたと言われている。 通常の …