【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 猫の恩返し

      2014/11/10

Sponsored Link

両国回向院に現存する『猫塚』の由来にちなんだ噺。原話は1862年刊の随筆、宮川政運著『宮川舎漫筆(きゅうせんしゃまんぴつ)』に載っている。
六代目三遊亭圓生の『猫定』という噺にちょっと似ています。志ん生は晩年に精選落語会で演ったのみ。1966年2月11日に口演した貴重な音源です。

あらすじ

江戸の八丁堀に住んでいる棒手振りの金さんが、大晦日に友達のつき合いで博奕に手を出し、仕入れ用の金三両を取られてしまった。正月二日の初商売に買い出しにいけなくなった金さんは、可愛がっているコマという猫を相手にヤケ酒を飲みはじめる。そして酔ったあげく三両の金を取られたいきさつをコマに話し「猫に小判てえことがあるから、どっかへいって三両の金を都合してこいやい」と無理なことをいいながら寝てしまった。
あくる元日の朝、目を覚まして枕許を見ると小判が三枚置いてある。喜んで飛び起きた金さんは朝湯の帰りに酒を買ってきて飲みはじめた。「コマよ、お前が三両持ってきてくれたのか。ありがとよ」といっているうちはよかったが、そのうちに酔いが回ると冗談のつもりで「どうせ持ってくるんなら三両なんていわねえで、もっとくわえてこいやい」といってしまう。
翌日の正月二日、金さんは仕入れた品を掘留の戌亥という大店に持っていった。ところが、正月にしては様子が変だった。番頭に訊いてみると、大晦日の日に小判が三枚なくなったらしい。元日の夜中、ガタガタと音がするので飛んでいったら、大きな猫が用箪笥の鐶(金属製の引き手)を口にくわえ、一生懸命開けようとしている最中だった。「さてはあの三両もこの猫が盗りやがったんだ」と、店の若い者が手に手に棒を持って追いつめた末、その猫を殺してしまったという。
金さんが猫の死骸を見せてもらうと、可愛がっていたコマの哀れな姿であった。「勘弁してくれ」と泣きくずれる金さんから事情を聞いた戌亥の主人は、コマに大いに感心して、「これで回向院に葬っておやり」と五両の金を金さんにわたした。そのコマのお墓は鼠小僧の隣に建てられたという。それからの金さんは酒も博奕もやめて一生懸命仕事に精を出すようになった。やがて大きな店をかまえたが、その店のことを誰いうとなく「猫金、猫金」と呼ぶようになって繁昌し、明治まで続いたとのこと。
wikipedia_

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)弥次郎(うそつき弥次郎)

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

古今亭志ん生(五代目) まんじゅうこわい(饅頭怖い)

あらすじ 町で若者の寄り合いがありました。次から次へ恐いものを言い合いました。 …

古今亭志ん生(五代目)宮戸川(お花半七馴れ初め)
古今亭志ん生(五代目) 雪とん

あらすじ 絹問屋の娘お糸に岡惚れした大尽兵左衛門が女中を買収し、とんとんと叩くの …

古今亭志ん生(五代目)火焔太鼓

『火焔太鼓』(かえんだいこ)は古典落語の演目の一つ。 作中に出てくる「火焔太鼓」 …

古今亭志ん生(五代目)文違い

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …

古今亭志ん生(五代目)五人廻し

関東の遊郭には「廻し」という制度がある。 一人の遊女が一度に複数の客の相手をする …

古今亭志ん生(五代目) 五目講釈

上方では「居候講釈」の演題が使われる。 志ん生は一時、三代目小金井蘆洲(小金井芦 …

古今亭志ん生(五代目)一眼国

両国界隈には、多くの商人や見世物小屋が林立しており、インチキも多かった。 人の子 …

■古今亭志ん生(五代目)鰍沢(かじかざわ)映像に残された志ん生の最後の一席

★映像に残された志ん生の最後の一席 志ん生は落語協会会長だった71歳の時に脳出血 …