【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

【追悼】 桂小金治(二代目) 禁酒番屋

   

Sponsored Link

禁酒番屋(きんしゅばんや)は古典落語の演目の一つ。元々は『禁酒関所』という上方落語の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。
主な演者には、5代目柳家小さんや8代目三笑亭可楽、5代目鈴々舎馬風、10代目柳家小三治、上方では4代目林家小染、6代目笑福亭松喬などがいる。

プロフィール

2代目桂 小金治(かつら こきんじ、1926年10月6日 – 2014年11月3日)は、東京府豊多摩郡杉並町(現:東京都杉並区)出身の落語家、俳優、タレント。本名は田辺 幹男(たなべ みきお)。
桂小金治事務所所属。京王商業学校(現:専修大学附属高等学校)卒業。元俳優の山岸快は孫である。

1947年、2代目桂小文治に入門して落語家となる。
次代の名人候補として将来を嘱望されたが、川島雄三の要請で映画俳優に転身。昭和中期から映画やテレビドラマ、バラエティ番組に数多く出演し、ことにワイドショーの名司会者として名を馳せた。
平成以降は放送メディアに登場する機会は少なくなっていたが、全国各地で講演活動を展開しており、落語を口演する機会もあった。江戸前の歯切れの良い滑舌で、高座では古き良き時代の江戸落語を聴かせていた。

人物
保守的な政治思想の持ち主として有名であり、「天皇陛下は日本のお父さんだ。天皇陛下が嫌いな奴は日本から出て行け!」と日本テレビのワイドショーで発言したことがある。
趣味は草笛やハーモニカ。
「一念発起は誰でもする。努力までならみんなする。そこから一歩抜き出るためには、努力の上に辛抱という棒を立てろ。この棒に花が咲く」という名言がある。もともとこれは、草笛の練習をしていた当時10歳の小金治が、いくらやっても鳴らないので練習3日目にして草笛をあきらめようとした時、父親からかけられた言葉である。
自由民主党衆議院議員だった渡辺美智雄と親しかった。
落語家
芸名の通りもともと落語家であったが、その後長らく俳優・司会者・タレントとしての活動が続き、落語家としては開店休業状態だったが、1980年代初頭、2000年代から2011年までは落語家としても活動していた(後述する理由からフリーの落語家として活動)。

入門時
陸軍特別幹部候補生だったが、終戦。金もなく、着物を着てできる職業ということで落語家を選んだ。
落語家になるために新宿末廣亭の楽屋に通い、誰にも入門できないまま、前座(のちの5代目春風亭柳昇)の下でさらに下働きをしていた。落語家は前座の弟子を食べさせる義務があるが、食糧事情が悪すぎるため、前座一人分の食糧を捻出できる落語家がほとんどいなかったのである。しかしよく働く小金治の姿に、当時の日本芸術協会副会長・2代目桂小文治が目をつけ、小文治のほうから入門をもちかけた。小文治はもともと上方噺家であり、常に関西弁のみをしゃべるため(そのため、普通の入門志願者から敬遠され、どこかで挫折した、訳ありの落語家を後から自分の門下にすることが多かった)、入門を躊躇したが、副会長の権勢は傍目にもすごいように見え、入門を決意した。小文治よりもらった初名(前座名)は桂 小竹。
小文治は「噺はよそ行って習うて来い。わしからは芸人としての生き方だけ覚えていったらええのや」と言い、小金治にいっさい稽古をつけなかった。小金治は生粋の江戸っ子、それも魚屋の倅である。もし稽古をつけていたらせっかくの江戸らしさが失われていただろう。
松竹入社
二つ目になった後、松竹大船撮影所の川島雄三監督に抜擢され、一本目の映画『こんな私じゃなかったに』に出演。拘束時間1日、ギャラ5千円だった。映画は好評で、川島により起用され続け、単発契約で何本か出演した。
それらも好評で、川島の所属する松竹は小金治と専属契約を結びたいと考え、小金治に対して映画出演一本あたりのギャラを提示した。そのとき松竹は片手の指5本を開いて示した。もともと映画一本のギャラが5千円という約束だったので、小金治は当初これを「5千円」と解釈し自分の一月の稼ぎより多いと考えていたら、実は「5万円」という意味だったので驚喜した。ちなみにこのときの条件は「年間6本の出演義務」であった(よって年収30万円)。念のため、師匠の小文治に「契約したほうがいいか断るべきか」を聞きにいったら、即座に「アホ! 落語やってたら、そんな金、一生かかってもようもらえんで…」と返されたという。結果、松竹との専属契約は無事締結された。
今度はいずれも軽い役でなく、長い日数拘束される。スケジュール上なかなか寄席に出られないことから、日本芸術協会から事実上脱会状態となった。以降、フリーの落語家となり、落語家としてはどこの協会にも属していない。しかし師弟関係を大事にし、小金治は終生にわたり小文治を師匠と仰いだ。小金治が名を返そうと小文治のもとを訪問すると「アホ! 師匠に『名を返す』なんてお前いつから偉くなったんじゃ? 師匠が名を取り上げるのでもあるまいに…。小金治、これからもしっかりやりや」と、師は小金治に名を返上しなくていいと告げた。そのため、落語家としての名も返上していない。
松竹時代の川島雄三監督は長く小金治を起用し続けた。しかし、1954年に川島が日活に単身移籍し、コンビを解消。だが、その川島が今度は東京映画(東宝系)に移ると、小金治も1959年、東宝に移籍し、再びコンビを組み活躍。
1961年、今度は小金治が日活に単身移籍し、コンビを解消。その日活ではスターとして迎えられ、1962年から1963年にかけて4本の主演作を残している。他は脇役が多く、その日活には1965年まで在籍。そこの大部屋俳優・桂小かんは(俳優としての)弟子である。

師匠
小金治は落語界では真打になっていないので、本来のしきたりから言えば小金治を「師匠」と呼ぶことはできない。しかし、テレビですっかり大看板となった小金治は、芸能人仲間からよく「師匠」と呼ばれるようになる。どうしたらいいのか師匠・小文治に聞きに行った小金治に対し、小文治は「小金治が師匠と呼ばれて何がおかしいのか…」と諭した。よって、晴れて「師匠」と呼ばれて良い許可をもらったのである。

高座
2000年代は『大工調べ』『禁酒番屋』『三方一両損』『芝浜』などの演目を演じた。
小金治が映画界入りしてから上がった高座は次の通り。
1953年4月11日 – 第一回 三越落語会
7代目立川談志らとの勉強会 ※落語界を本当に去ったきっかけとされる。
1964年4月 – 安田生命ホールにて独演会 ※本人の中では落語界を引退する記念という意味合いがあった。
以降、17年間完全に沈黙。
1981年9月中席(11-21日) – 鈴本演芸場・落語芸術協会の芝居 ※「のせもの」として高座復帰。当時の副会長・春風亭柳昇の要請に応えた。
その後、2回ほど定席に上がる。
1983年6月14日 – 第二回 本多寄席(本多劇場、プロデュース:大貫雅吉志(大貫正義=貴瀬川実)※ナショナルキッド原作者)
以降、国立演芸場や横浜にぎわい座などを借り切って独演会形式で活動を再開。また、既設の名人会に呼ばれることもあった。
2003年 – 国立演芸場にて独演会(文化庁芸術祭参加)
2004年7月19日 – 国立演芸場にて「6代目神田伯龍・桂小金治二人会」
2006年5月30日 – お江戸日本橋亭にて独演会
2007年6月下席 – 落語協会の芝居・新宿末廣亭定席「橘右近追善興行」 ※「のせもの」としてのトークゲスト。
2008年
6月6日 – 落語協会の芝居・新宿末廣亭定席「小さん一門勢ぞろい」(『蛇含草』)
7月19日 – 銀座ブロッサム中央会館にて「大銀座落語祭 究極の東西寄席 第二部 『三遊亭圓歌・桂小金治二人会』」(『禁酒番屋』)
10月8日 – 浜松町かもめ亭(文化放送主催、『長短』)
2011年9月29日 – 国立演芸場にて桂文我独演会(ゲスト出演、『渋酒』) ※なお、この会で高座引退宣言をする。

年譜
1926年 – 東京府豊多摩郡杉並町(現:東京都杉並区)の魚屋の息子として生まれる。
1945年 – 特別幹部候補生として陸軍少年戦車兵学校へ入校。在校中に終戦。
1947年 – 日本芸術協会副会長・2代目桂小文治に入門し「小竹」を名乗る。
1949年 – 二つ目昇進、「小金治」を名乗る。
1952年 – 映画『こんな私じゃなかったに』(松竹大船、監督:川島雄三)に出演し、映画デビュー。松竹大船と専属契約を結び売れっ子となる。
1955年 – テレビに進出。
1959年 – 東京映画(東宝系の映画会社。現在の東映とは無関係)に移籍。
1961年 – 日活に移籍。石原裕次郎、高橋英樹と多く共演。
1966年 – ワイドショー『アフタヌーンショー』(NETテレビ、現:テレビ朝日)で司会を担当(1973年8月3日放送まで。小金治司会時代のタイトルは『桂小金治アフタヌーンショー』だった)。この番組で「怒りの小金治」の異名をとる。

1975年 – バラエティ番組『それは秘密です!!』(日本テレビ、毎週火曜日19時30分~20時00分)で司会を担当。同番組の人気コーナーであった「ご対面コーナー」で、感動のあまりもらい泣きする姿は視聴者の共感を誘い、前述とは打って変わって「泣きの小金治」と呼ばれた。

2006年 – テレビドラマ『セーラー服と機関銃』(TBS)に出演(第1回のみ。「目高組」の先代組長役)。
2011年 – 高座からの引退を宣言。
2014年 – 11月3日、肺炎のために神奈川県川崎市麻生区の病院にて死去した。88歳没。

Sponsored Link

 - その他 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

中島らもnakajimaramo
■中島らも落語 超大作 甚兵衛の一生

中島りも Sponsored Link

140620_010
アニメ あたま山(頭山・さくらんぼ) 山村浩二 

頭山(あたまやま)は落語の演目の一つ。「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では …

柳家金語楼kingoro
懐かしのテレビ ジェスチャー 柳家金語楼他

昭和36年(1961年)3月28日放送 司会:小川宏アナウンサー 紅組:水の江滝 …

141130_007
立川錦之助(ビートたけし) わっ道具屋だ

北野武 立川流Bコースに入門して「立川錦之助」の名を受ける。 Bコースは落語家に …

140602_000
初代昔々亭桃太郎 お好み床

「お好み床」 先代昔昔亭桃太郎 プロフィール 初代昔昔亭桃太郎・先代(自称24代 …

iconwarai
落語ぢから 爆笑問題 江戸学 田中優子
furankunagai
【貴重音源】 フランク亭永井 夕立屋

[出典:FrankNagaiJr1's channel] フランク永井の師匠は  …

140525_003
■人志松本のゆるせない話 サバンナ八木編

お題 大便 干支 体温計の表示 猫 服 歴史教育 6月

140626_012
【活弁・映画】  愛染かつら~旅の夜風~

『愛染かつら』(あいぜんかつら)は、川口松太郎の小説。これを原作とする映画・テレ …

140531_000
映画 『らくごえいが』

『らくごえいが』は、2013年の日本のオムニバス映画である。 2013年4月6日 …